遺産相続の基本・法定相続人の範囲と相続順位をわかりやすく解説

親族が亡くなりいざ相続となった時、まず調べなければならないのが「故人がどんな財産や負債を残しているのか」、そして「遺産を引き継ぐ権利があるのは誰か」ということです。遺産を相続する権利を有する「相続人」の範囲は法律(民法)で定められており、これを「法定相続人」と呼びます。

遺産相続の基本・法定相続人の範囲と相続順位をわかりやすく解説

法定相続人とは? 相続の基本ルール

相続では、故人の遺言書がある場合は遺言書に記載された内容が最優先されます。しかし、遺言書がなかったり、遺言書に指定されていない財産を相続したりする場合は、相続人間で協議した上でそれぞれの取り分を決めることになります(「遺産分割協議」)。

法定相続人となる資格を有するのは故人の配偶者と血族であり、相続できる遺産の割合には一定のルールがあります。血族の場合は法定相続人となる優先順位があり、配偶者の相続できる割合も変わってきます。


亡くなった時点で故人に配偶者がいれば、配偶者は必ず法定相続人になります。ただし、内縁関係や事実婚の場合は法定相続人になれないので注意が必要です。
血族の場合は、以下の表のように第1から第3までの順位があり、順位が高い方から優先的に法定相続人が決まっていく形です。つまり、第1順位の子供(養子や認知した婚外子を含む)がいない場合は第2順位の親(養親を含む)、親が両方ともいなければ同じ第2順位の祖父母、さらに第1・第2順位に該当者がいなければ第3順位の兄弟姉妹(異父母兄弟姉妹を含む)が相続人となるわけです。

法定相続人となる人一覧

法定相続人となる人一覧

遺産を分配する際の方法

配偶者や血族などの法定相続人には、民法で相続人の順位に応じた相続分も決められています。これが「法定相続分」です。

法定相続分は誰が法定相続人となるかによっても変わってきます。
例えば、法定相続人が「配偶者+子供(第1順位)」の場合は「配偶者2分の1+子供2分の1」、「配偶者+親(第2順位)」の場合は「配偶者3分の2+親3分の1」、「配偶者+兄弟姉妹(第3順位)」の場合は「配偶者4分の3+兄弟姉妹4分の1」と、配偶者に有利な分配になっています。

子供がいる場合

法定相続人法定相続分
配偶者      2分の1
子供2分の1を人数割

子供がおらず父母が健在の場合

法定相続人法定相続分
配偶者3分の2
被相続人の父母  3分の1を人数割

子供・父母等ともにいない場合

法定相続人法定相続分
配偶者4分の3
被相続人の兄弟姉妹4分の1を人数割

遺言書がなく相続人同士で揉めたり、遺産分割協議が不調に終わったりした時には家庭裁判所に調停や審判を申し立てることがありますが、その際の裁判所の判断も原則、この法定相続分が基準になっています。

実際のケースで確認!

実際のケースで確認!

では、具体的なケースに当てはめて、それぞれの法定相続人と法定相続分がどうなるかを見てみましょう。

サンプルケース①

人物続柄法定相続分
Aさん(被相続人)本人-
Bさん配偶者2分の1
Cさん/Dさん2分の1(合計)

亡くなったAさんの遺産は不動産(自宅土地+自宅建物)の評価額が5000万円、預貯金が5000万円の計1億円だったとします。

法定相続人となるのは配偶者のBさん、長男のCさん、二男のDさんです。この場合の法定相続分は、

●Bさん 遺産の2分の1に相当する5000万円
●CさんとDさん それぞれ2500万円ずつ(子供2人の合計で遺産の2分の1の5000万円)


となります。

こんな場合はどうなる? 複雑な相続パターン

Aさん一家のようなケースばかりならわかりやすいのですが、そうはならないケースもたくさんあります。そこで、次は少しイレギュラーなケースをご紹介します。

代襲相続の場合

Eさんの遺産は総額1億円。
本来、法定相続人として考えられるのは、配偶者のFさんと、長男のGさん、二男のHさんです。しかし、Gさんは何年も前に妻子を残して亡くなっているため、法定相続人には該当しません。この場合、Eさんにとって孫に当たるGさんの長男のIさん(一人っ子)が、Gさんの代わりにEさんの遺産を相続する権利を得ます。これを「代襲相続」と言います。

サンプルケース②

人物続柄法定相続分
Eさん(被相続人)本人-
Fさん配偶者2分の1
Gさん(亡くなっている)子(長男)-
Hさん子(二男)4分の1
Iさん(代襲相続)4分の1

代襲相続では死亡した本来の法定相続人の相続分をそのまま引き継ぐ形になりますから、このケースの法定相続分は、Fさんが5000万円、HさんとIさんがそれぞれ2500万円ずつです。

ちなみに、代襲相続は第1順位の直系卑属(孫・曾孫)だけでなく、第3順位の兄弟姉妹の子供(甥・姪)にも適用されます。兄弟姉妹が法定相続人になるケースで、該当する兄弟姉妹が既に亡くなっていたとしても、その人に子供がいて相続発生時に存命であれば、故人の甥や姪にあたる子供が親の代わりに故人の財産を相続する権利を取得するわけです。

子供のいない夫婦の相続

最近は、お子さんのいない方の相続も増えています。JさんとKさんも、そうした跡継ぎのないご夫婦で、ご主人のJさんが亡くなった際に残した遺産は1億円。Jさんは5人兄妹の長男で、ご両親は早くに亡くなっていますが、4人の弟と妹は健在です。

サンプルケース③

人物続柄法定相続分
Jさん(被相続人)本人-
Kさん配偶者4分の3
Jさんの弟・妹弟・妹4分の1(合計)

このケースでは、Kさんと、Jさんの4人の弟・妹が法定相続人となります。法定相続分はKさんが遺産の4分の3に相当する7500万円、弟・妹が1人あたり625万円(4人の合計で遺産の4分の1となる2500万円)です。

まとめ

まとめ

亡くなった父親が家族に内緒で婚外子を認知していた。天涯孤独のおひとりさまの死後に突然、甥や姪が現れた。ドラマの世界と見紛うような出来事が、相続の現場では実際に起こっています。

予想外の法定相続人の登場は“争続”の火種になります。相続が発生する前から、法定相続人になり得るのは誰か、その場合の法定相続分はおおよそどれくらいになるのかを把握しておきたいものです。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ