リフォームの相場ってどのくらい?水回りや寝室など場所別の費用をご紹介

自宅のリフォームを検討するとき、気になるのはやはり費用です。リフォームには、その部位や内容によって、数万円で済むケースもあれば100万円を超える場合もあります。あらかじめおおよその予算を把握して検討できるように、部位や目的ごとのリフォーム費用の相場を紹介します。

リフォームの相場ってどのくらい?水回りや寝室など場所別の費用をご紹介

自宅のリフォームをする主な理由

自宅のリフォームをする主な理由

リフォームする目的は人によってさまざまですが、いったいどんな理由があるのでしょうか?まずは代表的な目的から見てみましょう。

中古で購入した家をキレイにするため

リフォームの動機として最も多いのが、中古で購入した家をキレイな状態にするためです。中古住宅だと、壁や床などが古くなっていることがあります。そこで、最新の美しい状態に改修して、快適な環境にするのが大きな目的です。

長く住んだ家をライフスタイルに合わせて改善するため

長く住んだ家をライフスタイルに合わせて改善するため

同じ家に長く住んでいて、ライフスタイルが変わった結果、それに合わせてリフォームをするケースも多くあります。例えば子供が独立して部屋が余ったり、あるいは高齢化によりバリアフリー化する必要が出てきたといったケースです。

設備の故障・劣化に対処するため

設備が故障したり劣化したりしてしまい、それがきっかけでその設備周りだけでなく、まとめてリフォームするケースもあります。

より快適・安全な家にするため

特に問題なく生活はできるものの、より快適で安全な家にするためにリフォームする家もあります。例えば冷暖房の設備を充実させたり、日当たりを改善するために工事を行ったりするケースです。あるいは段差や急な階段などを改善したり、防犯対策をしたりするケースもあるかもしれません。

参考にしたい!リフォーム部位別の費用相場

参考にしたい!リフォーム部位別の費用相場

リフォームをする際は、予算の計画を立てるためにも費用の相場を知っておくことが大切です。ここでは、部位別の費用の相場を解説します。

キッチン・浴室・トイレ・洗面所など水回りのリフォーム

水回りのリフォーム費用の相場は以下の通りです。
・キッチン:50〜300万円
・浴室:50〜150万円
・トイレ:20〜50万円
・洗面所:20〜50万円

水周りは、リフォームしたいと考える人が多い部位の1つです。その主な理由には、使用年数に応じて汚れが目立ちやすいこと、また最新のものにして新しく便利な機能を利用したいことなどが挙げられます。

キッチンのリフォームは、食器洗いの手間を軽減できる食洗機を付けるだけなら約13万円から後付けリフォームが可能。システムキッチン自体を新しくする場合は、キッチンの型とグレード(素材や機能性の違い)により費用は異なりますが、I型キッチンで50~120万円程度、対面型キッチンで70~160万円程度が相場となります。料理しながら家族や友人との会話を楽しみたいのであれば、多少費用はかかりますが対面型にしてみるのもおすすめです。
トイレは、洋式トイレの本体だけを交換する場合は15万円からが相場となります。

寝室・子供部屋など各部屋のリフォーム

寝室・子供部屋など各部屋のリフォーム

寝室や子供部屋といった各部屋の費用相場は、以下の通りです。
・寝室:50〜150万円
・子供部屋:50〜100万円

洋室のリフォームは、より快適な暮らしを求めて行う人が多いです。寝室なら快適な睡眠のため、子供部屋なら成長に合わせてプライベート空間を作るためなどの理由が挙げられます。

例えば断熱性を高めるため、窓を二重にするリフォームは8万円程度で行うことが可能です。さらに壁紙の張り替えだけであれば4、5万円程度、壁と床の張り替えリフォームなら35万円程度でリフォームできるケースもあります。一方、子供の成長に合わせプライベート空間を設けるために、もともとある洋室を仕切りで区切って2部屋にする場合や、ロフトを設置する場合、50~100万円程度の費用が必要です。

リビング・ダイニングのリフォーム

リビング・ダイニングのリフォーム費用の相場は100〜450万円です。

リビング・ダイニングは、家族が集まる空間。吹き抜けにしたり、広くしたりと、より家族が快適に過ごせる空間を作りたいという理由からリフォームを行う人が多いようです。

ただしリビング・ダイニングのリフォームは、間取りの変更や増築などもする場合があるため、ややまとまった予算が必要です。材料にこだわれば高額になりますが、標準のグレードを使えば50万円以下でできるケースもあります。また部屋の広さも重要で、例えば8畳程度の広さなら和室から洋室へとリフォームした場合でも、40万円程度で済みます。快適な空間のためにリビングに取り入れられることの多い床暖房は、65~110万円程度で設置することが可能です。

階段・廊下・玄関のリフォーム

階段・廊下・玄関のリフォーム費用の相場は、以下の通りです。
・階段:10〜100万円
・廊下:20〜100万円
・玄関:10〜100万円

階段・廊下・玄関は、家に来たお客様も利用する場所です。とくに玄関は、家に入るときに最初に通る場所なので綺麗にしておきたいと考える人も多いことでしょう。さらに玄関は、防犯などのセキュリティ上の観点から、リフォームする人もいます。

施工例で多いのは、手すりの設置や床素材の変更で、簡単な施工内容なら費用を10~20万円程度に抑えられる可能性があります。防犯対策でドア周りを変更する際は、30万円からが目安となり、デザイン性を重視した玄関に仕上げる場合、100万円程度必要になることもあります。

外壁・屋根など外装のリフォーム

外壁や屋根といった外装のリフォーム費用の相場は、以下の通りです。
・外壁:50〜150万円
・屋根:50〜150万円

実は外壁・屋根などのリフォームは、水周りの工事に負けず劣らず人気です。外回りは築年数によって傷みがひどくなるため、主に塗装などのリフォームが行われます。

塗装は、塗り方や面積によって20万円から100万円までさまざまですが、塗り替えることで家全体の雰囲気をガラッと変化させることができます。ただし外回りの工事には、足場の設置・解体だけで50万円程度かかるので、費用がかさみがちです。

ガレージ・庭・バルコニーのリフォーム

ガレージ・庭・バルコニーのリフォーム費用の相場は、以下の通りです。
・ガレージ:50〜100万円
・庭:100〜150万円
・バルコニー:30〜40万円

ガレージや庭、バルコニーは、屋根を作る、防水加工を施す、広くするなどのリフォームを行うことが多いです。

例えば、車が濡れないようにするため駐車スペースにカーボートを取り付ける場合は、30万円~100万円弱の費用がかかります。300万円以上かければ、本格的なガレージを設置することも可能です。またマンションなどのバルコニーの防水加工のみならば、10万円前後でリフォームすることができます。一方、人工芝などを利用してペットや子供が伸び伸びと遊べる庭を作るには、70万円以上が必要になります。施工内容によって費用が大きく変わるため、希望のリフォーム内容をよく確認しておきましょう。

【参考】ホームプロ:「リフォームの施工費用と相場」詳しくはこちら
【参考】リショップナビ
:「リフォーム費用相場はどれくらい?」詳しくはこちら
:「洋室リフォームの費用相場・事例【戸建て・マンション】」詳しくはこちら
:「収益ワンルーム物件を今風にリフォーム」詳しくはこちら
:「リビングリフォーム/リノベーションの費用相場!画像・施工例22選!」詳しくはこちら
【参考】パナソニック:「リフォーム費用の相場・資金について」詳しくはこちら
【参考】キッチン取り付け隊:「新しく食洗機を取付け」詳しくはこちら
【参考】リフォームのTAKEUCHI:「システムキッチン・台所のリフォーム費用、相場はどのくらい?」詳しくはこちら
【参考】リフォームガイド:「キッチンリフォームの費用を完全解説!最適な選び方や注意点も!」詳しくはこちら
【参考】 RESTA:「壁紙の張り替え DIYと業者の費用比較」詳しくはこちら

目的によっても異なるリフォームの費用相場

目的によっても異なるリフォームの費用相場

リフォーム費用は、目的によっても大きく異なります。二世帯住宅、耐震、省エネのケースごとに紹介します。

二世帯住宅リフォーム

育児の手伝いをしてもらいたい、高齢の親が心配で一緒に住みたいというときにぴったりな二世帯住宅。親世帯と子世帯が一緒に住むことで、お互いに助け合いながら生活をすることができます。二世帯住宅のリフォーム費用の相場は、500〜1,250万円程度です。共用する部分はどこにするのか、完全に住宅を分離してキッチンやトイレなどを2つずつ作るのかで費用は異なります。どちらにせよ大きな改修工事が必要なため、まとまった予算を考えておく必要があります。

耐震リフォーム

近年頻繁に起こる地震。築年数の長い建物は、耐震リフォームを行っておくといざというときに安心です。耐震リフォームの主な種類と、その費用の相場は以下の通りです。
・屋根の軽量化:100〜120万円
・補強工事:10〜50万円
・基礎の補修:10万円

建物の外壁を補強してくれる補強材(ブレース)の取り付けは、一箇所あたり10万円台が目安です。さらに内壁も補強する場合、30万円以上の費用が必要になります。また放置しておくと怖いのがひび割れです。ひび割れは主にコンクリートが乾燥し、収縮することで起きます。幅0.3mm以下のひび割れならばあまり問題はないのですが、それより大きく構造に影響を及ぼす恐れのある場合は、最悪の場合地震で倒壊する危険性もあります。ひび割れ補修は1〜2万円程度からできるため、心配な人は今のうちに行っておくとよいでしょう。

省エネリフォーム

省エネリフォームとは主に、太陽光パネルを使った自家発電など、省エネに繋がるリフォームのことを指します。省エネリフォームの主な種類と、その費用の相場は以下の通りです。
・外壁・屋根の断熱塗装:100~180万円
・太陽光発電導入:100~180万円

断熱とはその名のとおり、熱を断つこと。つまり夏場なら外からの熱をシャットアウトし、冬場は室内の暖かい空気が逃げないようにします。窓や屋根を断熱にすれば、冷暖房をかけ過ぎることもなく省エネに繋がるのです。そんな断熱性のある窓の交換や、内窓の設置は10万円以内で可能です。また自宅の電気代が安く抑えられ、ときには0円にもできる太陽光発電は、長い目で見れば光熱費を払わなくて済む分、お得になるといえます。ただし使用している間に定期点検や売電メーターの交換が必要になり、それには数万円単位の費用がかかることがあります。

【参考】ホームプロ:「二世帯住宅リフォームの間取りや費用を実例から紹介」詳しくはこちら
【参考】パナソニック:「リフォーム費用の相場・資金について」詳しくはこちら
【参考】リフォームジャーナル:「リフォーム費用が気になっている方へ|相場価格を教えます!」詳しくはこちら

まとめ

記事内で紹介してきたように、リフォーム費用は部位や目的によって異なります。キッチンや庭、外回りは大掛かりになり、100万円を超えるケースもありますが、手すり設置やトイレ本体の交換といった部分的な内容であれば、ケースによっては10万円台でも可能です。大きなリフォームでは、ローンが必要になることもあり得ます。リフォームを検討する際は、相場を参考にしつつ、いざ施工業者に相談するときは見積書の内容をよく確認するようにしましょう。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ