一度は聞いたことのある「永代供養」の気になる相場や手続き方法

ライフスタイルの多様化に伴い、お墓や供養に対する意識にも変化が出てきています。そうした中で、「永代供養」が注目されています。今回は、「永代供養」の意味や種類、費用の相場、選択する際の注意点、手続き方法などについて、わかりやすく紹介します。

一度は聞いたことのある「永代供養」の気になる相場や手続き方法

普通のお墓と何が違う?「永代供養」とは

「先祖代々のお墓に入る、なければお墓を購入して納骨する」、そして、お墓を継いだ人が「毎年、お墓の年間管理料を支払って、彼岸やお盆、命日にはお墓参りをし、三回忌などの年忌法要を営んでいく」というスタイルが、今までの一般的なお墓・供養の方法でした。しかし、近年では「お墓を継ぐ人がいない」、「子供に負担をかけたくない」、「先祖代々のお墓が遠方にある」、「費用を安く抑えたい」など、さまざまな理由ライフスタイルの変化から、本人や遺族の想いに合わせたお墓・供養のスタイルが登場しています。

その中でも大きな関心を寄せられているのが「永代供養」です。永代供養は、「永代供養料を支払えば、寺院や霊園などの墓地管理者が、永代にわたり供養・管理してくれる供養方法」です。

永代供養には、骨壷からご遺骨を取り出して他の方のご遺骨と一緒に埋葬される合祀墓(ごうしぼ)、石碑などがある納骨スペースに、区画を分けて複数の方の骨壺を納めまる集合墓、建物の中にご遺骨を収蔵する納骨堂など、永代供養の種類は多岐に渡ります。

永代供養と永代使用は意味が異なる

「永代使用」という言葉がありますが、しばしば永代供養と混同されることがあります。永代使用とは、お墓を取得したときに、「寺院や霊園に対して永代使用料を支払って、墓地を永代に渡って使用する権利を取得すること」です。もし、お墓の承継者がいなくなり、年間管理料を支払えなくなった場合には、法律の定めに従って撤去され、遺骨は改葬されたり、共同のお墓に合祀されたりすることになります。

タイプ別「永代供養」の費用

永代供養のお墓のことを「永代供養墓」といいますが、お墓のスタイルや場所、納骨方法などにより、主に「単独型」「集合型」「合祀型」「納骨堂」の4つのタイプに分けられます。永代供養料は、寺院や霊園の場所、屋内か屋外か、納骨する人数、納骨スペースの大きさ、設備の充実度や環境などにより、同じタイプでも大きく変わります。そのほか、墓石代や墓誌や墓碑へ刻字する費用や、先祖代々のお墓を撤去する場合には、墓じまいの費用も必要です。

一般的な永代供養料の相場

タイプお墓のスタイル・納骨方法相場    
単独墓一般的な墓石の墓。一定期間経過後に合祀される。40万円程度
※他、墓石代など
集合墓塔や樹木などの下に個別の納骨スペースが設けられている。一定期間経過後に合祀される。20万円程度
※他、墓誌・墓碑刻字代など
合祀墓共同墓・合同墓などとも呼ばれる。モニュメントの下に他の人の遺骨を合わせて合祀される3~10万円
※他、墓誌・墓碑刻字料など
納骨堂仏壇型やロッカー型、墓石型、稼働式、一人用、夫婦用、家族用など、種類や大きさで金額が変わる。一定期間経過後に合祀される。10~100万円
※他、墓誌・墓碑刻字料など

永代供養をするときのポイント

永代供養を選択する際は、いくつか考えるべきポイントがあります。

まず、納骨の方法や期間についてです。合祀か個別か、納骨される場所はどこなのか、合祀されるまでの期間はどのくらいなのか、合祀後の墓はどんなものか、など、しっかりと確認するようにしましょう。
納骨できる人数も重要です。例えば、家族や犬・猫などのペットと一緒に納骨をしてほしい場合は、それが可能なのかどうか確認しておく必要があります。

永代供養の利点として、お墓のある霊園などが管理してくれるので、親族が墓参りをしなくていいという点がありますが、もし親族が墓参りをしたいと望んでいるならば、立地も考えなくてはなりません。
親族が通いやすい場所にあるかどうかなど、きちんと話し合って決めましょう。

また、ほとんどの霊園では宗旨宗派を問われませんが、寺院によっては改宗が必要になる場合があります。その場合、入檀料が必要になる場合がありますが、そもそも自分自身がその宗教に改宗してもよいのかどうかを考える必要があります。
もし、何か特定の宗教への信仰を持っているなら、やはり信仰に合った場所を選ぶべきでしょう。

永代供養の注意点

永代供養の利点はまず、お墓を継ぐ人がいなくても良いという点です。墓参りや年忌法要が必要ないため、親族の負担が軽減されます。
基本的には、宗教や宗派を問わず受け入れてくれますし、一般墓に比べて費用を安く抑えられるという点もメリットとして 挙げられるでしょう。
他にも、檀家になる必要がない、万が一年間管理費の支払いが滞ってしまった場合でも、寺院が処置をしてくれる、などの利点から、永代供養を選びたいと考えている方は増えてきています。

もちろん、注意点もあります。
例えば、合祀を選んだ場合、その後改葬や分骨はできません。単独型や集合型、納骨堂など、個別に納骨するタイプでも、一定期間が過ぎてしまうと他の人の遺骨とともに合祀されることになります。一定期間の目安としては、年忌法要の33回忌が多いようです。合祀後には、特定の遺骨を取り出して改葬や分骨することができず、個別に墓参りすることができなくなります。

お墓や供養に対する意識が多様化してきたとはいえ、「お墓参りはきちんとしたい」、「先祖代々のお墓を大切にしたい」、「合祀ではなく、個人へお参りをしたい」など、永代供養についてまだまだ否定的な方も多くいらっしゃいます。
永代供養を検討する際にも、きちんと親族と話し合うようにしましょう。

人数などによっては永代供養の方が高くなることも

また、利点として永代供養は一般墓と比べ安く抑えられると紹介をしましたが、場合によってはかえって高くなることがあるので注意が必要です。家族なども一緒に納骨する場合には、人数ごとに永代供養料が加算されたり、納骨スペースの広さも必要になったりするので、自身の場合は永代供養と一般墓、どちらの方が費用が抑えられるのか、しっかりと確認する必要があります。
そのほか寺院によって違いますが、生前に申し込んだ場合管理料などを取られてしまうことがあります。

自身が亡くなった後のことを家族と話し合うのは少々デリケートな問題ですが、きちんと話し合わなければ後々大きな問題がでてきてしまいます。契約をする前に時間を見つけて、しっかりと夫婦や家族、親族で話し合っておくと安心です。

永代供養の手続き方法

家族が亡くなった後だけでなく、生前予約や、今あるお墓を墓じまいして改葬することも可能です。それぞれの場合の手続き方法について紹介します。

まず、条件に合う寺院や霊園を検索し、資料請求を行います。その後、現地見学を行い、気に入れば申し込み、契約へと進みます。
申し込みの際は、費用の内訳や購入手続き方法、また供養の内容や利用条件などをしっかりと確認するようにしましょう。契約をしたら、永代供養料など必要な支払いをし、納骨となります。

生前予約をした際は、購入後に、生前予約したという証明書を発行してもらえます。大切に保存し、家族や親族に生前予約したことと、証明書の保管場所を伝えておきましょう。

また、墓じまいして改葬する場合は、まずお墓のある寺院・霊園に改葬の意思を伝える必要があります。
改葬先を決定し、購入したら、改葬先に「受入証明書」を発行してもらい、お墓のある自治体に「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」、「受入証明書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。
その後、「お魂抜き(閉眼法要)」を行い、お墓の撤去をし、改葬先に納骨をする流れになります。

いずれにしても、勝手な判断や思い込みで対応してはいけません。
現在の寺院・霊園と移転先の寺院・霊園にはきちんと説明を受けて、手順と対応方法を確認しましょう。

まとめ

永代供養は最近人気が高まっていますが、家族の間でもお墓や供養についての想いには違いがあります。事前にしっかりと話し合って納得のできるお墓選びをしてください。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ