「自分史」を作る意味やメリット、自分史を作ってくれるサービスも紹介

「自分史」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。自分史とは、自分の半生を文章や写真で記録したものです。自分の生きた証を後世に残すことはもちろん、自分自身をより深く理解でき、頭を使うことから認知症の予防にもなるとされています。自分史を書くことの意味や作成方法、注意点などを解説します。

「自分史」を作る意味やメリット、自分史を作ってくれるサービスも紹介

「自分史」って何?

「自分史」って何?

「自分史」と聞くと、自伝や自叙伝と何が違うのかと思う方もいるかもしれません。
自伝や自叙伝には従来、一般的に何らかの偉業を成し遂げた人物が制作するもの、というイメージがありました。一方、自分史はその人が何者であるかにかかわらず、誰でも作れるものです。

自分史の発祥は、第二次世界大戦後、市民たちが自らの体験を書き残した運動がきっかけだとされています。それは戦争という事実の風化を防ぐべく「記録」としての要素が強いものでした。

1970年代に入ると、歴史家の色川大吉さんが「ある昭和史ー自分史の試み(1975年 中央公論社)」というタイトルの本を出版します。色川氏はこの著書の中で、自分史を「無名の人々が真実を表現する行為」と位置づけました。すると、自分史は次第に「表現」の一種として認められるようになり、中高年を中心にブームを巻き起こします。

現在では記録や表現としての役割だけでなく、脳の活性化といった「学習」としての側面も注目されてきています。

自分史を書くことの意味

自分史を書くことの意味

自分史を書くことには、実はいろいろな意味があります。

生きた証を残せる

自分史を書くことで、自分の生きた証を後世に残せます。多くの場合、自分が人生で体験した出来事や達成したことというのは、本人が記録しない限り消えてしまうものです。それを文章や写真で形にすることで、自分の存在をずっと後の世代にまで伝えることができます。

後世を生きる家族、友人、知人にとって、昔の人が残してくれた記録は貴重な情報や知恵となり、新しい時代を生きる上でのヒントになるはずです。

自分を深く理解できる

自分史作成は、自分自身を深く理解する上でも役に立ちます。過去の振り返り作業では自分を客観視しなければならないため、より明確な自己認識が持てるようになるでしょう。

当時としては不本意な出来事だったとしても、結果として人生の糧になっていることは意外と多いものです。逆境や挫折にも意味があったと思えるようになれば、その先の人生でも失敗を恐れずチャレンジする勇気が湧いてきます。

脳を活性化させる

自分史は、作る本人にとって健康面でも嬉しい効果をもたらしてくれます。自分史を作成する過程では、これまでの出来事を遠い過去まで遡って思い出さなければなりません。

この、「思い出す」という行為は、老いとともに忘れかけていた「自分が自分である」という感覚を取り戻すのに効果的です。さらに作成自体も楽しめます。

頭の中にある考えを表現しようとすれば脳が活性化されるため、認知症の予防にもつながるといわれています。実際、自分史の作成を高齢者向けのワークショップに取り入れる例も多いようです。自分史の作成に関して、セミナーや関連書籍も多く出版されています。

自分で「自分史」を作成する場合

自分で「自分史」を作成する場合

自分史の作り方には特に決まりがありません。ノートに手書きしても、パソコンで作成してもOKです。文章だけでなくイラストや写真などを使ったり、その時代のニュースや事件を一緒にまとめてみたりするのも面白いかもしれません。

自分史の作り方は自由ですが、誰に読んで欲しいかで内容も書き方も変わってきます。後に家族や親戚、友人が読むことを考慮すれば、可能な限りわかりやすくまとめたいところです。

ここからは、自分史の作り方を簡単に解説します。

1. おおまかな年表を作る

まずは、ざっくりとした自分の年表を作ってみましょう。誕生、幼年期、少年期、青年期、就職、結婚、子育て、定年退職などのように、年代ごとに思い出せるキーワードを書いていきます。

2. 年表にメモを加える

大体の年表ができたら、以下を参考に詳細を書き足していきましょう。中でも強く記憶に残っている出来事は、今の自分を形作る上で重要な意味を持つものです。この段階では文章の上手い下手などは気にせず、頭に浮かんだことを自由に書いていってください。

【生年月日】名前の由来、生まれた時の出来事、乳幼期の様子など
【出身地】地域の特徴、お祭り、幼なじみとの思い出など
【家族構成】両親の名前や職業、配偶者との出会い、新婚時代、結婚式、子育てなど
【出身校】仲の良かった友達や先生、クラブ活動、学校行事など
【勤務会社】就活、新人時代、同僚や先輩との付き合い、仕事の悩み、仕事での成功、定年を迎えての心境など

3.メモをもとに年表をふくらませる

書きたいことをすべて洗い出したら、いよいよ書く準備です。必要であれば家族や友人にも話を聞くなどし、メモを肉付けしていきましょう。家族や友人とのコミュニケーションにもなります。

自分史作成のポイント

自分の身に起こった出来事だけでなく、当時の社会的な話題や事件も並行して書いていくと、それに絡めて自分自身のことも思い出しやすくなります。

また、自宅にある手紙や日記、アルバムなどを見返してみるのも有効です。頭の中だけで考えているよりも、実際の資料に触れた方が当時の記憶が鮮明になるでしょう。

過去を振り返るだけでなく、未来へのつながりを描くことも自分史作成の重要なポイントです。本来自分史とは、未来を見据えた上で記すもの。人生を再スタートするためにも、最後のページには今後の目標を掲げてみてください。

自分で作成する場合の注意点

自分史を作る目的は、人生を振り返って自己理解を深め、生きた証を残すことです。自分史を作ること自体が目的にならないよう気をつけましょう。

どの範囲まで自分の思いを書き記すかについては、慎重に考えることをおすすめします。内容によっては、家族や友人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

自分史作成サービスを利用する場合

自分史作成サービスを利用する場合

自分史は業者に依頼して作成することもできます。ここでは、自分史作成サービスをいくつかご紹介します。

サービス① 取材・執筆請け負い型

新聞社などが運営する自分史作成サービスでは、記者経験のあるスタッフが取材や執筆を担うコースや、自分で書いた原稿を持ち込むとプロの編集者がサポートしてくれるコースなどがあります。

新聞社が保有している写真や記事なども盛り込めるので、完成度の高い自分史が作れるでしょう。
一例になりますが、料金は記者による取材・執筆コースが120万円、持ち込んだ原稿をプロの編集者にチェックしてもらうコースが70万円程度です。高額なので本格的な自分史を作りたいという方におすすめです。また、自己編集コースもあります。こちらの費用は、上記と比べて低価格になります。

サービス② アルバム型

「インタビューを受けるのは苦手」という方には、パソコンを使って自分史が作れるサービスもあります。卒業アルバムの作成などを手がける業者が提供していることが多いようです。通常の自分史のように文章メインではなく、写真と手紙で綴るのが特徴です。

自分で編集するため手間はかかりますが、プロに取材を依頼するよりも低価格なため、子供からのプレゼントとしても活用されています。この他、出版社の自分史自費出版や書籍化を行うサービスもあります。

まとめ

まとめ

自分史を作成することは、自分の生きた証を残すだけでなく、過去の振り返りを通して自己認識を深めることにもつながります。また、新しい目標、生きがいを見つけられ、豊かな人生になるでしょう。さらに、過去を思い出す過程で脳が活性化されることから、最近では認知症対策としても注目されるようになりました。

自分史は自分で作成することも可能ですが、新聞社や写真店などが提供している自分史作成サービスを利用すると、簡単に本格的な自分史が作成できます。そのほか、プロに取材を頼めるコースや、専門家に相談できる機関(自分史作成相談 自分史活用推進協議会)などもあるので、気になる方はぜひ確認してみてください。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ