DINKSこそ老後資金の準備を!夫婦二人で余裕ある老後のために

基本的には家計に余裕があるDINKS。老後資金にも余裕を持てそうですが、実はほかの家庭と比べて入念に準備が必要だといわれているのをご存知でしょうか? この記事では、DINKSの家庭で用意しておきたい老後資金の目安や準備するための方法をご紹介します。

DINKSこそ老後資金の準備を!夫婦二人で余裕ある老後のために

DINKSとは

DINKSとは

まずはDINKSという言葉の意味について確認しておきましょう。DINKSは「Double Income No Kids」という言葉を略したものです。夫婦ともに働いており、子供を持たない家庭を指します。共働きであり、さらに子供の養育費がかからないため、家計に余裕があるとされているのが特徴です。

DINKSが老後資金の準備をすべき理由

DINKSが老後資金の準備をすべき理由

経済的に余裕があるとされるDINKS。ではなぜ、DINKSこそ老後資金を準備すべきだといわれるのでしょうか?ここではその理由を解説します。

まず大きな理由のひとつは、子供がいないため、万一の際に頼れる人が少ないからです。最近は老後資金を子供に頼るということは少なくなってきてはいるものの、普段の生活費はもちろん、介護や葬儀費用など、万一の時に必要になる費用を自分たちであらかじめ用意しておかなければなりません。そのため、入念な準備が必要だといえるでしょう。

次に挙げられる理由は、DINKSはもともとの生活水準が高いため、老後の収入だけでは生活費が追いつかなくなる可能性があるからです。DINKSの家庭は、ほかの家庭と比べて普段の生活にたっぷりとお金を使えます。その生活に慣れていると、現役時代と比べて下がる老後の収入だけでは生活費が不足してしまうこともあるのです。老後でも同じ生活水準を保つためには、あらかじめ足りなくなる費用を計算し、貯金や貯蓄をしておく必要があります。

DINKSの老後資金の金額目安

DINKSの老後資金の金額目安

ここで気になるのが、実際に必要となる老後資金。リタイア後の生活には、いったいどのくらいのお金が必要なのでしょうか? DINKSに必要な老後資金の目安を紹介します。ただし、生活の仕方によって必要な金額は異なります。ここで紹介するのはあくまでも参考のひとつとしてお考えください。

生活費目安のひとつは月に約35万円

夫婦二人の老後の生活費について、「生命保険文化センター」がおこなったアンケート調査を参考にしてみると、老後の最低日常生活費は1ヶ月で平均22.1万円、ゆとりのある生活を送るならプラスで平均14.0万円が必要だと考えられています。つまり、合計約35万円が老後における1ヶ月の生活費の目安になります。

【参考】生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査《速報版》」詳しくはこちら

年収が多ければさらに生活費が多くなる場合も

共働きで二人とも正規雇用で働いている場合、世帯によっては年収が1,000万円を超えることもあるでしょう。このように世帯年収が高い家庭は、生活費が月50万円を超えるケースが少なくありません。そのため老後も同じ生活水準を保つなら、毎月の生活費として50万円を見積もっておく必要があります。上述の調査でも、「ゆとりある老後生活費はいくらを想定するか」という質問に対して、30万〜35万円に続き、50万円以上が2番目に多い回答結果となっています。

【参考】生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査《速報版》」詳しくはこちら

年金以外に必要な老後資金の金額は1,500万円以上が目安

年金以外に必要な老後資金の金額は1,500万円以上が目安

では、上記の生活費から老後資金として貯めておくべき金額を算出してみましょう。

まず老後の主な収入となる年金は、65歳以上の共働き(夫婦ともに正社員)世帯で年額約350万円、月額およそ30万円となります。

【参考】厚生労働省「年金制度基礎調査(老齢年金受給者実態調査)平成29年」調査結果の概要 「表28ともに65歳以上である夫婦世帯(再掲)」詳しくはこちら

※年金受給額は人によって異なります。ご自身の年金を知りたい方は日本年金機構が提供している「ねんきんネット」で、年金見込み額を確認することをおすすめします。

夫婦の年金を30万円(収入は年金だけに頼る)と仮定し、生活費にゆとりのある35万円とさらにゆとりをもたせた50万円の場合の収入と支出、不足金をまとめると以下のようになります。

■生活費ごとの老後資金の目安(円)

気になるお金のアレコレ:三菱UFJ信託銀行の画像

※65~90歳まで、25年間の老後生活が続くと仮定

このように、1,500万~6,000万円が夫婦の老後資金の目安として挙げられます。

老後資金を準備するときのポイント

後資金を準備するときのポイント

夫婦の老後には、大きく見積もると6,000万円が必要になることがわかりました。「今からこれだけ多額の資金なんて貯められない」と思った方も多いのではないでしょうか。そこでここでは、老後資金を準備するときのポイントを紹介します。

早めに資産形成を始める

多額の資金を準備するには年月がかかります。特に普段の生活で金銭的に余裕があるDINKSは、趣味や娯楽などについ使い過ぎてしまうこともあるでしょう。元手が少ないと、短期間で思ったように資産形成ができない可能性が考えられます。それを見越して、早めに資産形成を始めるのがひとつのポイントです。

まずは、今現在どれだけの貯金があるのかを夫婦で話し合いましょう。お互い口座を分けている場合は、老後資金用に共通の口座を設けるのがおすすめです。そして、毎月いくらを老後資金に回すのか決めておきます。たとえば毎月5万円、年2回のボーナスで40万円(20万円×2)を貯金に回すと、1年で100万円を貯めることができます。30歳から始めれば、これだけで65歳のときに3,500万円もの資金を用意することができるのです。

また、貯金を増やすだけでなく、日々の支出を減らすことも視野に入れましょう。今のうちから生活費を削減できれば、老後の生活費も抑えられるはずです。保険の見直しや、利用の少ない定額サービスの解約などを考えてみてください。

資産運用を上手におこなう

資産を増やすのに役立つのが、資産運用です。老後資金を作るための資産運用には、例えば「iDeCo」、「つみたてNISA」があります。これらふたつは、投資信託で運用をおこない、さらに利益が非課税になるという特徴があります(条件あり)。資産運用にはリスクがつきものですが、その分貯金と比べて高い利回りが狙えるため、資産を増やすのには検討してみても良いでしょう。子供がおらず、お金を用意しやすいDINKSは、比較的リスクが取りやすいといえます。子供がいる世帯では取りにくい資産運用の手段も、選択肢に入れてみましょう。

まとめ

実は老後の資産形成が難しいとされるDINKS。それは、収入とともに支出も多い傾向にあることが原因です。老後も同じ生活を送っていきたいなら、今のうちから資金を貯めて資産運用も検討することをおすすめします。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ