お会計のマナーを徹底解説!仕事の会食やプライベートの飲み会などシーン別に紹介

上司との食事や会食、デート、合コンなど、お会計時の振る舞い方は難しいものです。ご馳走してもらうのか、割り勘にするのかなど迷ってしまう場面もあることでしょう。そこでこの記事では、押さえておきたいお会計のマナーをシチュエーションごとに紹介します。お会計について疑問や不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

お会計のマナーを徹底解説!仕事の会食やプライベートの飲み会などシーン別に紹介

基本的なお会計のマナー

基本的なお会計のマナー

シチュエーションごとのお会計について確認する前に、まずはお会計の基本的なマナーを確認してみましょう。

レジ会計はスムーズに行う

レジでのお会計は、もたもたせずスムーズに行いたいものです。レジ前で時間をかけていると、ほかのお客様や飲食店の迷惑になりかねません。そのためにも、割り勘をする場合は席で計算を済ませておく、人数が多いときは幹事がまとめて払うなどの配慮をしましょう。

お金は丁寧に支払う

支払い時には、お金を投げるような払い方をしてはいけません。支払うというのはサービスに対する対価であるため、お店やスタッフへの感謝の気持ちを込めて丁寧に行いましょう。「ごちそうさま」「ありがとう」などお礼の言葉を添えられると、相手も自分も気持ちよくお会計を済ませることができます。

金額に合わせた支払い方をする

小銭ばかりを使用して高額な支払いをする、また少額なのに紙幣で支払うのもよいお会計の仕方とはいえません。金額に合った支払いをするよう心がけましょう。これは、お会計をスムーズに済ませることにもつながります。ただし割り勘などでどうしても小銭になってしまう場合は数えやすいよう小銭ごとにまとめる、また持ち合わせがなく少額を紙幣で払うときは、「すみませんが、持ち合わせがないので」などと一言添えましょう。

ご馳走してもらった相手に気遣いを見せる

相手にご馳走してもらう場合は、最初から受け入れるのではなく、財布を取り出す、値段を聞くなど最低でも一度は支払う姿勢をみせるのがマナーです。ご馳走になった場合には、三度お礼を述べるとよいといわれています。①その場でのお礼、②帰ってからメールなどでお礼、③次に会った時にお礼の三度です。

お会計のマナー【ビジネス編】

お会計のマナー【ビジネス編】

ここでは、ビジネスに関わるお会計のマナーについてシーン別に確認してみましょう。

上司や先輩との個人的な飲食

職場の上司や先輩と食事に行く場合は、ご馳走になることが多いものです。その場合でも伝票を受け取るのは目下の人の役割です。上述したように、自分にも支払う気持ちがある姿勢を見せることが大切です。しかし、割り勘などを提案するとかえって失礼に当たることもあります。上司の顔を立てるという意味でも、一度支払う意思を伝えたあとは相手の好意に甘えてご馳走してもらうのがよいでしょう。

またマナー上は、上司が上座に座り、先に店を出ることになっています。支払いを終えて店の外に出るときは、目上の人が先、自分は後、というのがマナーです。支払いを別々に行う場合は、目上の人が先に払う、というビジネスマナーを覚えておけば問題ないでしょう。しかし、店を出る順番や座る位置については、その場に応じた対応をしてください。とくにレジ前が狭い場合や店内が混んでいる場合は、先に外に出て待っていても問題ありません。

NGマナーとしては、会計時に手元を見てしまう、翌日大勢の前でお礼を伝える、などがあります。会計時に手元を見ないようにするのは、相手の財布の中を見てしまわないようにするためです。また大勢の前でお礼を言うと、ほかの社員が「私は連れて行ってもらっていない」とトラブルになる恐れもあるため、相手が席を立ったときなどに伝えるとよいでしょう。

社内の大きな食事会・飲み会

社内の食事会・飲み会で幹事になった場合は、全員からお金を徴収して滞りなく支払いをしなければなりません。レジ前での徴収は避け、テーブルかお店に来る前に徴収し、あらかじめ用意しておきましょう。金額は細かすぎるとかえって集めるのが面倒なので、1,000円単位など徴収しやすい額を提示し、あとからおつりを返すようにします。

さらに、会計後は必ず領収書(レシート)をもらうようにしましょう。会社で主催する食事会や飲み会の場合、経理上の処理が必要になるためです。また、会社主催でない場合でも、後日の思わぬトラブルを避けるためにも、領収書は忘れずにもらいましょう。

お会計時のマナーとして、基本的には徴収した現金で支払うようにします。クレジットカードを使ってしまうとポイントが還元されるので、よく思わない人もいます。会社の雰囲気にもよりますが、現金で支払う方が安心です。

取引先との会食

取引先との会食の際は、必ず会社の規則や上司の意向を確認しましょう。会社の規則によっては、ご馳走になってはいけないと明示されていることもあります。接待で自分の会社が費用を負担する場合は、請求書会計にするのがよいでしょう。取引先に支払いをさせてしまわないよう、お店側にお願いして先に会計を済ませたり、予約時にお願いしておいたりするなど、段取りを組んでおくことが大切です。

お会計のマナー【プライベート編】

お会計のマナー【プライベート編】

続いて友人・恋人・合コンなど、プライベートでのマナーを説明します。親しき仲にも礼儀ありという言葉にもある通り、たとえ友人間であっても節度をもって接するのが社会人として望ましい姿です。

友人との飲食

友人との食事は、割り勘にすることが多いでしょう。しかし、割り勘の仕方にも注意が必要です。相手の考え方にもよりますが、1円単位までの細かい割り勘をあまりよく思わない人もいます。またお酒を飲まない人と飲む人、たくさん食べる人とそうでない人では金額に差が出るのが当たり前です。自分が多く食べたり飲んだりした場合は、先に申し出て少し多めに支払うと相手も気分よく食事を終えられます。

恋人・知人とのデート

気になるお金のアレコレ:三菱UFJ信託銀行の画像

デートでのお会計を割り勘にするかご馳走するかは、相手や自分の考え、関係性次第だといえます。一般的には、男性:女性=7:3くらいで支払いを済ませるのがよいといわれていますが、この目安通りにする必要はありません。例えば、割り勘ではなく先に男性が1軒目の支払いをし、女性が次のお店で支払いをするといった会計方法も考えられます。お互いが気持ちよく食事できるとよいでしょう。

合コン

合コンでのお会計は、割り勘か男性が少し多めに払うのが一般的なようです。男性:女性=6:4くらいを目安にして支払いを済ませましょう。相手によって合コンでの支払いの価値観は違うので、合コンに参加する前に料金はどのように支払うのか、確認しておくと安心です。

まとめ

シチュエーション別にお会計のマナーを紹介しました。とくに目上の人などにご馳走になる場合は、一度は自分から支払いの姿勢を見せる、感謝の気持ちを伝えるなど相手への気遣いを大切にしましょう。デートや合コンなど自分が支払う際にも、相手に気遣わせない程度の金額を考慮することが大切です。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ