玉串料には新札を入れたほうがいい?玉串料と初穂料の違いは?

今回は、玉串料の由来や初穂料との違い、新札を入れたほうがいいのか、のし袋への入れ方は?など、玉串料に関するさまざまな疑問についてお答えします。さらに玉串料がよく使われるお宮参りで、祖父母が孫のお宮参りに出来ることについても解説をします。

玉串料には新札を入れたほうがいい?玉串料と初穂料の違いは?

玉串料(たまぐしりょう)とは?

玉串料(たまぐしりょう)とは?

玉串料は、神様へのお供え物である玉串を用意するのにかかった手間や経費、謝礼の気持ちをお金であらわしたものです。玉串は、榊(さかき)の枝に飾りを付けたもので、もともとは祈祷をする際に、参拝者が用意するとされていたものです。しかし時代がくだるにつれ依頼を受ける神社が、あらかじめ玉串を用意しておくようになり、依頼主はその代わりにお金を払うようになりました。

玉串料と初穂料(はつほりょう)の違いは?

玉串料と初穂料(はつほりょう)の違いは?

神社では、玉串料の他に初穂料というものがあります。それぞれ似たような場面で支払われるものなので、ここでその違いを見ていきましょう。

玉串料

玉串料は先程の説明のように、玉串を使用する時にかかるお金のことです。玉串の由来についてはいろいろな説があります。有力なのは、日本神話において天照大神が岩戸に隠れたときに、フトダマという神様が、枝葉が多く茂っている常葉木に鏡や玉を付けて捧げ持ったという神話によるとするものです。この木のことを古事記や日本食では「五百津真賢木(いほつまさかき)」「五百箇の真坂樹(いほつのまさかき)」などと呼んでおり、賢木や坂樹は「さかき」と読めることから、後に「榊」という特定の木が玉串に使われるようになりました。
玉串は祈祷のたびに使われますので、玉串料もその数だけ払う機会が生まれます。例えば地鎮祭やお宮参り、七五三や法事の場面などが該当します。なお、御札や御守りを購入する際には、玉串料は使われません。それらは祈祷とは直接関係がないためです。

初穂料

初穂料

初穂は、その年の最初に収穫されたお米のことです。毎年収穫の時期に差し掛かると初穂を神前にお供えし、恵みへの感謝と、その後の豊作を神様に祈願する風習があったのです。時代がくだるにつれ、初穂の対象はそれ以外の農作物や魚などに広がり、「初物」として季節を問わずお供えされるようになりました。
しかしこうした収穫の季節以外の時期や、農家や漁師をしていない人の場合、初穂や初物を用意することができません。そこでそれらの代わりになるものとして、お金がお供えされるようになりました。このお金のことを「初穂料」と呼ぶようになったのです。
初穂料は玉串料と同じく、地鎮祭やお宮参り、七五三や法事の場面などで使われます。また、御札や御守りを購入する時にも使えることが特徴です。玉串料がその由来によって祈祷に紐付いているのに対し、初穂料は感謝の気持ちになるので、使える場面がより多いのです。ただし初穂料は葬儀の場合には使われません。葬儀では感謝の気持ちよりも弔意が大事になるからです。葬儀では玉串料が用いられます。また、厄払いや一年祭(神道における一周忌にあたるもの)も同様です。

【関連記事】神社で受ける厄払いの流れやマナーとは?初穂料(はつほりょう)には新札が必要?

玉串料は新札を入れたほうが良い?

玉串料は新札を入れたほうが良い?

では、実際に玉串料をおさめる場合はどのようにしたらよいかを説明しましょう。まず、使う紙幣については、もともと神聖なものである玉串の代わりになるものです。できれば新札を使う方が良いでしょう。絶対に新札でなければならないと決まっているわけではありませんが、旧札を使う場合も汚いものは避け、できるだけきれいなお札を選びましょう。
金額については、現代では神社ごとに祈祷の値段が決まっていることが多いので、電話やHPなどで確認しておくとよいでしょう。もし特に決まっていなかったり、お気持ちで、と言われた場合は、5,000〜10,000円程度が相場となります。心配であれば、これも直接神社に問い合わせてみるようにしてください。

玉串料を支払う場合、専用の窓口などがない場合は、のし袋にお金を入れて手渡しします。慶事の場合は、お札の表側を上にして中袋にお金を入れ、表面に金額を記入します。その際、数字は「壱」「弐」などの画数が多い方の漢字(大字)を使います。中袋の裏面には、自分の名前と住所を書きます。のし袋は二重構造になっているので、中袋を外包で包みます。外包の裏は、慶事であれば下側が上にくるようにして折りましょう。
葬儀の場合はそれらの反対です。お札は、表側が袋の裏側を向くようにします。外包は先に下を折って、そこに上側を被せます。
外包の表には、玉串料と書き(あるいはそう印刷されているものを使い)、その下に自分の氏名を記入します。

祖父母から孫のお宮参りにしてあげられることは?

祖父母から孫のお宮参りにしてあげられることは?

神社でよく行われる行事のひとつに、赤ちゃんの健やかな成長を願うために行う「お宮参り」があります。お参りのほかに神社に祈祷してもらう場合は、謝礼として玉串料または初穂料を支払います。
もともとお宮参りは、母親は参加しないものでした。それは産後しばらくは悪露(おろ)が残っており、穢れた時期とも言われてきたことが理由にあります。またこの時期は体調が完全に戻っていないことからも、母体の回復を優先させて、父方の祖母が赤ちゃんを抱え、父親と祖父との3人でお宮参りするのがしきたりとなっていました。しかし現代ではこうした縛りはゆるくなり、母親も含めた家族全員の行事になっています。

では現代において祖父母がお宮参りでできることは何でしょうか?一般的には、お祝いの品やお祝い金を渡してあげることがよくあります。金額的には、5,000〜10,000円程度が相場です。外孫と内孫とで違いをつける必要はありません。既に出産祝いを贈っているなら、お宮参りのお祝いを贈る必要はありませんが、もちろん贈っても問題はありません。できれば両家の出費が同じくらいになるように調整するとバランスが良いでしょう。

最後に、お宮参りの時に撮影する記念写真についても少し説明しておきましょう。かつて、お宮参りでは父方の祖母が赤ちゃんを抱いて行くとされていたため、その名残で、父方の祖母が赤ちゃんを抱いて写真を撮るという慣習があります。写真を撮るとき、お母さんの方からお姑さんに提案してあげると喜んでくれるでしょう。さらに母方の祖母にも赤ちゃんを抱いてもらって2種類の写真を残す方法があります。

まとめ

今回は玉串料にまつわるテーマで解説をしました。神社で行う祈祷や弔事と玉串料は、切っても切れない関係です。またお宮参りも時代とともに変化している部分があります。いざという時に困らないよう、この記事を読んで玉串料の知識を身につけておきましょう。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ