【最新】ねんきん定期便の見方を全解説! 受け取れる年金の額を確認しよう

人生の3大資金(教育資金、住宅資金、老後資金)の一つである老後資金は、誰にとっても気になるものです。しかし、毎月の保険料の金額はわかっていても、将来の受給額はいくらなのかわからないという方は多いと思います。そこで、受け取れる年金額を確認することができるのが「ねんきん定期便」です。その「ねんきん定期便」の見方について解説

【最新】ねんきん定期便の見方を全解説! 受け取れる年金の額を確認しよう

「ねんきん定期便」とは?

「ねんきん定期便」とは?

各人の年金の受給額は、長期にわたる被保険者期間(国民年金なら20歳~60歳、厚生年金なら入社~退職まで)の保険料の納付状況によって決まります。しかし、転職等で勤務先が変わったり、何らかの理由で無職の期間等がある人は、自分の納付記録であっても、記憶は曖昧になるものです。こうしたことから、自分自身の年金記録を確認するために「ねんきん定期便」が、毎年誕生月に送られてきます。

節目の年度には封書も届く

「ねんきん定期便」は、毎年、被保険者の誕生月にハガキで送られてきます。
この「ねんきん定期便」には、直近1年間の年金記録情報が記載されています。ただし、直近1年間の記録だけでは全体像が掴みにくいので、節目の年齢(35歳、45歳)と、年金受給が差し迫った年齢(59歳)の誕生月には、封書で全期間の年金記録情報が送られてきます。

年齢によって異なる「ねんきん定期便」の見方

年齢によって異なる「ねんきん定期便」の見方

「ねんきん定期便」は、年齢によって記載内容が3通り(50歳未満、50歳以上、年金受給者)あります。
まずは、どんな内容が記載されているのか、以下の表に、その項目を整理しました。

ねんきん定期便に記載されている内容

内容50歳未満50歳以上年金受給者
照会番号
お客様へのお知らせ
国民年金納付状況
加入区分
標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額
これまでの保険料納付額(累計額)
これまでの加入実績に応じた年金額--
老齢年金の種類と見込額(年額)--
お客様のアクセスキー
音声コード

※ ◎は、その年代の「ねんきん定期便」固有の内容であり、下記で説明します。
※ 日本年金機構のサイトを基に筆者作成

老齢年金は長期にわたる加入月数および保険料の納付額によって、その受給額が計算されます。したがって、それぞれの「ねんきん定期便」について、共通の確認事項としては、「国民年金納付状況」、「標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額」、「年金加入期間」について、「漏れ」や「誤り」がないか、特に注意して確認してください。
では、年齢によって異なる「ねんきん定期便」の見方の注意点を示します。

50歳未満の人の「ねんきん定期便」の見方

50歳未満のねんきん定期便の見方

50歳未満の人は、年金支給開始年齢まで相当な年数があることに加え、今後の給与額の変動などによって、納付する保険料が変わってきますので、あくまでも「これまでの加入実績に応じた年金額」が記載されています。今後保険料をさらに支払っていくことで、将来受け取れる年金額は増えていきます。

50歳以上の人の「ねんきん定期便」の見方

50歳以上の人は、徐々に年金支給開始年齢が近づいてきます。そのため、自身の老齢年金の見込額を具体的に知りたいというニーズが高くなってきます。
とはいえ、50歳以上の人も、給与額の変動などによって、納付する保険料も変動します。そこで、「老齢年金の種類と見込額(年額)」として、以下のように区分して作成されています。

50歳以上ののねんきん定期便の見方

1.50歳以上60歳未満の人
現在の年金制度に、年収等が変わらないまま60歳まで継続して加入(保険料を納付)したと仮定して、65歳から受け取れる年金見込額が表示されています。

2.60歳以上65歳未満の人
「ねんきん定期便」の作成時点の年金加入実績に応じて、65歳から受け取れる年金見込額が表示されています。

3.65歳以上の人
65歳時点の年金加入実績に基づいて計算されています。

年金受給者で働いている人は?

年金を受給しながら働いている人(現役被保険者)にも、「ねんきん定期便」は送られてきます。このような人の場合、すでに受給している年金額については、「年金振込通知書」で確認するとともに、「ねんきん定期便」で、「これまでの保険料納付額」や「これまでの年金加入期間」等の記載内容を確認してください。

年金をもらっている人の年金定期便の見方

確認した年金記録情報に「漏れ」や「誤り」がある場合には、「年金加入記録回答票」に必要事項を記入して、年金事務所に提出してください。
回答票に基づいて、日本年金機構において年金加入記録の調査・確認が行われます。その結果が届きましたら、改めて内容を確認してください。
なお、「年金加入記録回答票」は、以下の日本年金機構のサイトからダウンロードすることもできます。

【参考】日本年金機構 詳しくはこちら

まとめ

まとめ

「ねんきん定期便」は、毎年、同じような項目が記載されていますが、その中身は将来の老齢年金の受給額を決定する上で重要な記録の集積です。
また、これまでの給与月額や賞与額を思い返す機会にもなりますので、大切に保管しておきましょう。

ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ