人気のアロマオイルおすすめ5選!機能や選び方をわかりやすく紹介

癒しを与えてくれるアロマオイルの効能やおすすめの選び方を知ることで、アロマオイルを最大限に活用できます。この記事では、人気のアロマオイルおすすめ5選も紹介します。自分に合ったアロマオイルを見つけましょう。

人気のアロマオイルおすすめ5選!機能や選び方をわかりやすく紹介

豊かな香りのアロマオイルは、シチュエーションごとに最適なアロマを選ぶことで、大きな癒しを与えてくれることが期待できます。

この記事では、アロマについての基礎知識や選び方、おすすめのアロマなどについて解説します。アロマの使い方や、シチュエーション別に期待できるアロマの機能についてもご紹介します。

この記事を読んで、自分に合ったアロマの選び方を知り、癒しを得られるアロマを探していきましょう。

アロマとは?

アロマとは?その効能やお香との違いも

アロマの香りを嗅ぐと、落ち着いた気分になり癒しを得られます。アロマの香りが、緊張を和らげてくれるのです。

アロマの香りはアロマオイルやアロマキャンドルなどで楽しめます。

おすすめポイントはどのような点にあるのでしょうか。アロマとお香の違いについても確認しておきましょう。

アロマの働き

アロマは植物の草や花などから抽出したエキスです。

アロマの香りには私たちに癒しを与えてくれたり、緊張を和らげてくれたりすることが期待できます。

日常生活のなかにアロマを取り入れることで、気分転換につながるでしょう。

アロマとお香の違い

アロマと似た商品にお香があります。お香とは、木の実や蕾、葉、茎といったものを原料としたエキスです。

アロマが花などの植物を原料としているのに対して、お香は香木を原料としている点に違いがあります。

何がおすすめ?アロマオイルの選び方を紹介

何がおすすめ?アロマオイルの選び方を紹介

アロマオイルを使う際は、自分の好きな香りを選ぶことが多いですが、他に求める働きや用途に応じて選ぶと良いでしょう。

【アロマオイルの選び方】
・100%天然成分の精油を選ぶ
・好きな香りを選ぶ
・求める働きで選ぶ
・用途で選ぶ

100%天然成分の精油を選ぶ

アロマオイルには、精油とフレグランスオイルの2種類があります。精油とは100%天然成分で、アロマオイルの機能が最大限に発揮されるものです。一方、フレグランスオイルはアルコールや合成香料を加えたものです。

よりアロマオイルに機能を求めているときは、精油を選びましょう。

パッケージやラベルに精油あるいは精油(エッセンシャルオイル)と表記があるので、購入する際の判断材料としてください。

好きな香りを選ぶ

アロマオイルを選ぶ際は、好きな香りかどうかも重要です。

例えば、フローラル系の香り、柑橘系の香り、ハーブ系の香りなどがあります。人それぞれ好みがありますが、香りを試しながら選ぶと良いでしょう。

求める働きで選ぶ

アロマオイルは良い香りがするだけではなく、健康面や精神面においてもさまざまな働きが期待できます。

アロマにどのような働きを期待するかによっても、選ぶ香りは変わるのです。

例えば、リラックスした気分になりたいときはフローラル系の香りを活用し、落ち着いた気分や安眠を得たいときは柑橘系の香りを活用するなど使い分けると良いでしょう。

用途で選ぶ

アロマオイルの用途は1つではありません。

勉強や仕事の息抜きに使うのか、入浴シーンに使うのかなど、さまざまな用途があります。用途によって向いている香りが異なるので、自分の求める用途に合わせて使い分けてみましょう。

シチュエーション別!おすすめのアロマの香り

シチュエーション別!おすすめのアロマの香り

アロマの香りはシチュエーション別に選ぶのがおすすめです。

爽やかな気分で気分転換する機能のほか、自律神経を整えて不眠症を改善する機能も期待できます。

【アロマの香りと機能】
・緊張をほぐすフローラル系
・お風呂に最適な樹木系(グリーン系)
・気分転換にはハーブ系
・寝室におすすめな柑橘系
・個性を出すならオリエンタル系(エキゾチック系)

種類1:緊張をほぐすフローラル系

アロマの定番と言えばフローラル系です。優しく優雅な印象の香りです。

緊張をほぐし、心身ともにリラックスできるでしょう。玄関におくなど、来客用にもおすすめです。

フローラル系のアロマには、ラベンダーやローズなどの種類があります。

種類2:お風呂に最適樹木系(グリーン系)

樹木系(グリーン系)のアロマは爽やかな気分を与えてくれる香りです。

お風呂に入れると、森林浴の気分を楽しめます。

樹木系のアロマには、ティーツリーやユーカリなどの種類があります。

種類3:気分転換にハーブ系

ハーブ系のアロマは爽やかで鼻をスッと抜ける香りです。

仕事や勉強の気分転換になるため、デスクに置いておくと良いでしょう。

ハーブ系のアロマには、ペパーミントやレモングラスなどの種類があります。

種類4:寝室におすすめ柑橘系

柑橘系のアロマはフレッシュな香りで、自律神経を整えることが期待できます。

寝室に置けば、睡眠の質を高められる可能性があるため、不眠症の人にもおすすめです。

柑橘系のアロマには、ベルガモットやユズなどの種類があります。

種類5:個性を出すならオリエンタル系(エキゾチック系)

オリエンタル系(エキゾチック系)のアロマは、中東や東南アジアを連想する香りです。

好みが分かれますが、個性的な空間を演出できます。

オリエンタル系のアロマには、イランイランやサンダルウッドなどの種類があります。

おすすめのアロマオイルブランド5選

おすすめのアロマオイルブランド5選

ここからは、おすすめのアロマオイルブランドを紹介します。

【おすすめのアロマオイルブランド】
・SEIKODO
・フレーバーライフ
・生活の木
・ニールズヤード
・yuica

老舗のメーカーから天然由来の成分を取り扱っているメーカーなど、さまざまな個性があります。それぞれのメーカーのおすすめポイントをご覧いただければ、自分に合うアロマを絞り込めるでしょう。

SEIKODO

SEIKODOは1949年創業の老舗香料商社です。

世界20か国の生産者と連携をとりながら、天然成分100%の精油だけを取り扱っています。

直営店では、自然からの贈り物である精油本来の香りを楽しめるアロマを、常時60種類以上販売しています。数多くのアロマの中から、自分好みのものを見つけられるでしょう。

フレーバーライフ

フレーバーライフは原材料の植物にこだわったアロマオイルメーカーです。

精油、アロマテラピー関連商品の輸入・製造などのほか、アロマオイルスクールの運営も手がけています。

適正な価格で、高品質なアロマオイルを楽しむことができるでしょう。

生活の木

生活の木は植物の潤いや彩りを大事にしている有名アロマオイルメーカーです。

国内外に提携農園があり、厳選したハーブや精油の調達を可能にしています。

全国に約110店舗もの直営店を構えていて、3mlという少量から商品を取り揃えていることが特徴です。直接店舗に出向いて、お気に入りの香りを探してみてください。

ニールズヤード

ニールズヤードはアロマオイルの本場であるイギリス発祥のアロマオイルメーカーです。

自然由来にこだわり、健康や美容をサポートしてくれます。

アロマ成分に紫外線を届きにくくし、保存料をほとんど使用せずに提供するため、容器には青色のボトルを使用しているのが特徴です。

yuica

yuicaは岐阜県高山市にあるアロマオイルメーカーです。

飛騨地方の中央に位置している高山市は美しい自然に囲まれていて、yuicaはその自然豊かな環境のなかでアロマオイル作りを行っています。

オイル作りに、飛騨高山の美しく良質な水を使用しているのが特徴です。

アロマオイルの料金相場

アロマオイルの料金相場

先にあげたおすすめのアロマブランドの商品を一例として、アロマオイルにかかる料金をまとめました。

SEIKODOカモミール ローマン 1ml1,309円(税込)
フレーバーライフイランイラン 10ml1,980円(税込)
生活の木ラベンダー 10ml2,200円(税込)
ニールズヤードラベンダー 5ml1,430円(税込)
yuicaエッセンシャルオイル ヒノキ(木部) 5ml1,430円(税込)

1本あたり1,000円から2,500円が相場のようです。

また、SEIKODOのように1mlなど少量のアロマオイルを扱っているメーカーもあるので、自分に合ったアロマオイルを比べながら使うのもおすすめです。

まとめ

アロマの香りには日常に癒しを与えることが期待できます。正しいシチュエーションで使えば、不眠解消など健康面でのサポートも期待できるでしょう。

アロマを購入する際は、香りの好みだけでなく、精油であることやアロマにどういう働きが期待できるのかなどを踏まえて選びましょう。

さきほど紹介したSEIKODOのアロマオイルに関して、三菱UFJ信託銀行が提供する情報銀行サービスDprimeにお得な情報を掲載しています。

Dprimeでは自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取ることができます。

パーソナルデータをお得に活用できる情報銀行Dprimeをぜひ一度体験してみてください。

本記事は掲載日時点の情報に基づいて作成しています。Dprimeに掲載されている企業は今後変更となる可能性がありますので、ご留意ください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ