お茶にダイエット効果は期待できる?おすすめのお茶や悩み別の選び方を紹介

お茶は一般的に、健康に良いといわれています。さらに、お茶には脂肪燃焼効果や糖の吸収を抑える働きが期待できるので、ダイエット期間にお茶を飲めば痩せるのを手助けしてくれるでしょう。ダイエットにおすすめなお茶の種類や選び方を紹介します。

お茶にダイエット効果は期待できる?おすすめのお茶や悩み別の選び方を紹介

お茶を飲んで痩せたいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、お茶を飲むだけではダイエットはできません。食事制限や運動をしてお茶を飲むと、ダイエットをサポートしてくれるでしょう。そのため、ダイエット期間中の水分補給にはお茶を飲むのがおすすめです。

この記事では、ダイエット効果が期待できるお茶の成分やダイエットにおすすめなお茶の種類、コンビニエンスストアで購入できるダイエット向けのお茶について紹介します。

お茶の成分の違いを知れば、あなたのダイエットを手助けしてくれる最適なお茶を見つけられるでしょう。

お茶はダイエットを手助けしてくれる

お茶のダイエット効果とは

お茶を飲むだけでは、ダイエット効果は期待できません。お茶のカロリーが0だとしても食事でカロリーを摂取していて、消費カロリーより摂取カロリーの方が多くなるためです。

よく耳にするごぼう茶やよもぎ茶も、飲むだけでは痩せる効果は期待できないでしょう。

ただし、お茶には脂肪燃焼や糖の吸収を抑える成分が含まれているので、ダイエットの手助けをしてくれますよ。

ダイエット効果を期待できる成分

お茶にはダイエット効果を期待できる成分がいくつかあります。代表的な成分は4つです。

【ダイエット効果を期待できる成分】
・カテキン
・カフェイン
・ポリフェノール
・食物繊維

ほかにもダイエット効果を期待できる成分はありますが、上記4つの代表的な成分を含んだお茶を飲むとよいでしょう。

ダイエット効果が期待できるお茶の種類

ダイエットに効果が期待できるお茶の種類

ダイエット効果が期待できるお茶は以下の6つです。

【ダイエット効果が期待できるお茶】
1.緑茶
2.烏龍茶
3.プーアル茶
4.黒豆茶
5.ジャスミンティー
6.ルイボスティー

それぞれどのようなダイエット効果が期待できるのか確認し、自分の好みに合ったお茶を探しましょう。

緑茶

緑茶にはカテキンが含まれており、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値の上昇を抑えることにより、血液中の糖分が脂肪になるのを抑制してくれるのです。

また、緑茶に含まれるカテキンは、数多くあるカテキンのなかでも強い抗酸化作用があります。カテキンの多い緑茶を継続して摂取することで、脂質代謝が促進されエネルギー消費量が増えるので、体脂肪の減少も期待できます。

烏龍茶

烏龍茶にはポリフェノールが含まれており、脂肪の分解や吸収に関わる消化酵素である「膵リパーゼ」の働きを抑えてくれます。

「膵リパーゼ」の働きが抑制できれば、食事から摂取した脂肪を分解し、吸収されにくい状態になります。脂質の多い物を食べる人は烏龍茶を飲むとよいでしょう。

プーアル茶

プーアル茶は緑茶を発酵させて作ったお茶です。プーアル茶に含まれる重合型カテキン(重合型ポリフェノール)という成分は、脂肪の吸収を抑える働きがあると言われています。

また、ミネラルやビタミンB群も含まれています。

黒豆茶

黒豆茶には大豆ポリフェノール、ビタミンB群、カリウム、鉄分など多くの成分が含まれています。脂質の代謝や、塩分の排出を促す効果が期待できるでしょう。

むくみやすい人や貧血になりやすい人は、黒豆茶がおすすめです。

ジャスミンティー

ジャスミンティーの茶葉には、茉莉花(マツリカ)という花の香りが付けられています。この香りの成分には、脂肪燃焼効果が見込まれています。ダイエット期間に飲むと痩せる手助けをしてくれるでしょう。

加えて、ホルモンバランスを整えたりリラックスできたりする効果も期待できます。

ルイボスティー

ルイボスティーは、むくみを解消してくれるカリウムやマグネシウムが含まれています。マグネシウムには、酵素の働きかけを助ける成分が入っているため、便秘の人におすすめです。

また、ルイボスティーはノンカフェインのタイプが多いので、就寝前にも安心して飲めますよ。

ダイエットの手助けが期待できるおすすめのお茶5選

ダイエットに効果が期待できるおすすめのお茶5選

ここでは、コンビニエンスストアやスーパー、インターネットで購入可能な、ダイエットの手助けが期待できるお茶を紹介します。

【ダイエットの手助けが期待できるお茶】
・特茶
・ヘルシア緑茶
・からだすこやか茶
・ティーライフ「ノンカフェイン ルイボスティー」
・スッキリプーアール茶

自分に合ったお茶を見つけて、効率的に痩せましょう。

特茶

特茶はコンビニエンスストアやスーパーでも手軽に購入できる、カテキン含有量の多い緑茶です。

脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体という物質によって、体脂肪を減らす効果を期待できます。

食事や運動と組み合わせることで脂肪燃焼効果が見込めると言われているので、ダイエット期間に向いているお茶と言えるでしょう。

ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶は、内臓脂肪低減効果および脂肪代謝向上効果が期待される茶カテキンを1本に540mgも含むお茶です。

1日1本、飲みたいときに飲むだけで体脂肪を減らすサポートをしてくれます。1本350mlとスリムサイズのため、持ち歩くのにもおすすめです。

からだすこやか茶

からだすこやか茶は、有効成分の難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、脂肪と糖の吸収を抑えられるお茶です。

普通のお茶に比べて、糖の吸収を穏やかにする効果が20%も高かったというメーカーの研究結果が出ています。

【参考】からだすこやか茶W詳しくはこちら

つい食べ過ぎてしまうという人におすすめのお茶です。

ティーライフ ノンカフェイン ルイボスティー

ティーライフが販売しているノンカフェイン ルイボスティーは、楽天市場年間ランキング4年連続受賞している女性に人気のお茶です。

ノンカフェインなので妊婦や子供も安心して飲めるでしょう。また、ティーライフは「蒸気殺菌処理」という独自の製法でお茶を作っているので、長時間煮出す必要はなくお湯を注いだらすぐに飲めます。

ティーライフ スッキリプーアール茶

ティーライフのスッキリプーアール茶は、重合カテキン・没食子酸・カリウム・マグネシウム・ビタミンB2などの成分が多く含まれたプーアル茶です。

プーアル茶が苦手な人もいると思いますが、ティーライフ独自の製法によって独特な香りを抑え、すっきりとマイルドな口当たりになっています。おいしくてダイエットの手助けもしてくれるお茶を探している人は、スッキリプーアル茶がおすすめです。

ダイエット期間に飲むお茶の選びのポイント

ダイエット期間に飲むお茶の選び方

ダイエット期間に飲むお茶には、さまざまな種類があるので、ダイエット効果だけに注目していると、その他の成分が体質に合わないこともあります。

お茶を選ぶときのポイントを確認して、自分に合ったダイエットに最適なお茶を見つけましょう。

人工甘味料を使用しているのか

お茶を選ぶときは、人工甘味料を使用していないものを選びましょう。人工甘味料は低カロリーとはいっても、お腹を壊しやすかったり依存の危険性を指摘されていたりするからです。

また、「無糖」と表示されているお茶でも人工甘味料が使用されていることがあるので気をつけてください。きちんと成分を確認してお茶を選びましょう。

カフェインが含まれているのか

お茶を選ぶときは、カフェインが含まれているかどうかも確認しましょう。

カフェインが含まれているお茶を飲むと、集中力UPや老廃物を外に出そうとする利尿効果が働きます。しかし、飲み過ぎると、眠気を抑制するうえ、下痢や吐き気といった体調不良を引き起こす可能性があるのです。

とくに、1日に何杯もお茶を飲む人は、カフェイン入りのお茶は避けた方が良いでしょう。目的別に、カフェインが含まれているお茶とノンカフェインのお茶で分けて飲みましょう。

特定保健用食品に該当しているのか

健康やダイエット効果を謳っているお茶には、機能性表示食品と特定保健用食品の2種類があります。

2種類の違いは下記の表を参考にしてください。

国の審査国への届出特徴
機能性表示食品不要必要健康に役立つ機能や成分を、科学的根拠を元に国へ提出した事業者が表示できる。
特定保健用食品必要必要健康に役立つ機能や成分を、国に審査してもらい許可が出た事業者のみ表示できる。

【参考】消費者庁「機能性表示食品について」詳しくはこちら
【参考】消費者庁「特定保健用食品について」詳しくはこちら

明確な違いは、国の審査によって認められているかどうかという点です。特定保健用食品は国の審査が行われて認められた証なので、信頼性や安全性が高いと言えます。

その他にどのような成分が含まれているのか

その他にもどのような成分が含まれているか確認して選びましょう。成分の違いは以下の表を参考にしてください。

自分の目的にあった成分でお茶を選び、ダイエットに励みましょう。

成分特徴
ポリフェノール脂肪の吸収を抑えたり消費量を増やしたりする働きがある。
茶カテキン脂肪を分解し消費する効果を期待できる。
食物繊維腹持ちがよく、お通じもよくなる。血糖値を抑えてくれる食物繊維(難症化性デキストリン)もある。

お茶の価格はどれくらいなのか

ダイエットで飲むお茶は、どれくらいの価格なのでしょうか。

ペットボトルだと1本100〜200円程度、月に30本飲むと3,000〜6,000円程度かかります。ティーパックだと1杯30〜100円程度、月に30杯飲むと900〜3,000円程度です。

ペットボトルよりティーパックの方が安くお買い得です。一方、ペットボトルはコンビニエンスストアやスーパーで手軽に購入できるのが魅力です。

そのため、普段はティーパックのお茶を活用し、ペットボトルのお茶は外出時などにティーパックの代用として取り入れるのがおすすめです。

自分に合った費用の購入しやすいお茶を見つけ、無理なくダイエットを続けましょう。

まとめ

お茶を飲むだけで痩せることはありませんが、健康的な食生活や運動と組み合わせてダイエットの手助けが期待できるお茶を飲めば、効率的に痩せることも可能です。

ダイエット効果が期待できるおすすめのお茶の種類は、以下の6つが挙げられます

【ダイエット効果が期待できるお茶の種類】
・緑茶
・烏龍茶
・プーアル茶
・黒豆茶
・ジャスミンティー
・ルイボスティー

さきほどご紹介したティーライフ スッキリプーアール茶に関して、三菱UFJ信託銀行が提供する情報銀行サービスDprimeにお得な情報を掲載しています。

Dprimeでは自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取ることができます。パーソナルデータをお得に活用できる情報銀行Dprimeをぜひ一度体験してみてください。

本記事は掲載日時点の情報に基づいて作成しています。Dprimeに掲載されている企業は今後変更となる可能性がありますので、ご留意ください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ