クラブに最適な服装は?初心者も馴染めるドレスコードを季節や男女別にご紹介

クラブに行くとき、どのような服装がよいのかわからず迷ってしまった人もいるのではないでしょうか。クラブに適した服装やNGな服装を、男女別にご紹介します。最適な服装でクラブを楽しみましょう。

クラブに最適な服装は?初心者も馴染めるドレスコードを季節や男女別にご紹介

初めてクラブに行こうと思ったとき、「どんな服装で行けばいいのかな」と不安に感じる人もいるかもしれません。クラブに最適な服装は性別や季節、クラブのドレスコードによって異なります。

この記事では、クラブに最適な男女別、季節別の服装のほか、クラブではNGな服装について解説します。クラブについてよくある質問もまとめてありますので、参考にしてみてください。

【季節別】クラブに最適な女性の服装と必要な持ち物

【季節別】クラブに最適な女性の服装と必要な持ち物

クラブに行ってみたい女性のなかには、どのような服装や持ち物が適しているのか気になる人も多いですよね。さらに言うと、場違いな格好でクラブに行って恥をかくのは避けたいのではないでしょうか。

適切な服装や持ち物でクラブを楽しみたいなら、下記にまとめた季節別の服装や持ち物を参考にしてみてください。

春夏の服装

春や夏の時期にクラブに行く場合、適度な露出があり踊りやすい服装がよいでしょう。

【春夏におすすめの服装】
・オフショルダー
・ワンピース
・オールインワン
・ブラトップ
・キャミソール
・肩見せトップス
・透け感のあるトップス

春の場合は冷えることもあるので、念のため薄手の上着を持参すると安心です。

秋冬の服装

秋や冬にクラブに行く場合は大人っぽくおしゃれで、男性ウケを狙った服装がおすすめです。

【秋冬におすすめの服装】
・ニット
・カーディガン
・ロング丈ニット
・ロングワンピース
・レザージャケット
・ダウンジャケット

秋や冬の服はどうしても厚手になるので、クラブのなかで暑くなることも考えてインナーを選びましょう。

必要な持ち物

クラブで必要な女性の持ち物は、以下のようなものが挙げられます。

【クラブで必要な女性の持ち物】
・携帯電話
・財布
・顔写真付きの身分証明書
・汗拭きシート
・名刺
・最低限の化粧品

ロッカーがないクラブもあるので、小さめのバッグに必要最低限の持ち物だけ入れておきましょう。

また、年齢確認のときに身分証明書の提示が必要なクラブも多いため、顔写真付きの身分証明書を用意した方がスムーズです。

【季節別】クラブに最適な男性の服装と必要な持ち物

【季節別】クラブに最適な男性の服装と必要な持ち物

クラブに初めて行く男性も、どのような服装や持ち物が適しているのか知りたいという人が多いと思います。また、クラブではおしゃれな服装で格好よさを演出したいことでしょう。

クラブで女性からモテたい男性は、下記にまとめた服装や持ち物を参考にしてみてください。

春夏の服装

春や夏にクラブへ行く場合に最適な服装は、カジュアルで爽やかな清潔感のある格好です。

【春夏におすすめの服装】
・Tシャツ
・ボタン付きシャツ
・カーディガン
・パーカー
・ポロシャツ

春先は少し冷え込みます。寒いときのために、薄手の上着があると便利でしょう。

秋冬の服装

秋や冬にクラブへ行く場合は、ニットやアウターで大人男子を演出しましょう。

【秋冬におすすめの服装】
・ニット
・タートルニット
・カーディガン
・ジャケット
・デニムジャケット
・ダウンジャケット

クラブで踊ると暑くなるので、インナーは薄手のシャツにしたり脱ぎやすい上着にしたりして対策をしましょう。

必要な持ち物

男性がクラブへ行くときに必要な持ち物は、以下のものが挙げられます。

【クラブで必要な男性の持ち物】
・携帯電話
・財布
・顔写真付きの身分証明書
・汗拭きシート
・名刺

ロッカーのないクラブもあるので、小さめのバッグに必要最低限のものだけ持って行くようにしましょう。また、踊ると汗をかくので、汗拭きシートを持っていると便利です。

【男女別】クラブにNGな服装

【男女別】クラブにNGな服装

クラブに最適な服装とは逆に、NGな服装についても知っておきたいですよね。ここでは、クラブにNGな服装を紹介します。

男女ともに、サンダルやジャージなどのラフ過ぎる格好は避けましょう。くわえて、タトゥーや刺青などがある人は、クラブに入れない可能性があるので各クラブのホームページで確認してみてください。

場違いな服装でクラブに行きたくない人は、必ず確認しましょう。

NGな男性の服装

男性がクラブに行く場合、清潔感のない服装は女性によい印象を与えないのでNGです。

【クラブでNGな男性の服装】
・ジャージ
・スウェット
・使い古したシャツ
・サンダル

ラフ過ぎる格好は、清潔感が損なわれてしまいます。そのほかに、手入れされていない髭や、シャワーに入っておらず汗臭い場合などは、女性に敬遠されるので気をつけましょう。

NGな女性の服装

女性がクラブに行く場合、踊っている時に人の足を踏んだり踏まれたりすることもあるため、靴に気を配りましょう。

【クラブでNGな女性の服装】
・ジャージ
・スウェット
・サンダル
・付け過ぎた香水
・高価な服装
・厚底の靴

クラブは人が密集するので距離が近いです。そのため、付け過ぎた香水で不快に感じさせることもあります。

また、服が汚れる可能性もあるので高価な服装では行かない方がよいかもしれません。

クラブについてよくある質問

クラブについてよくある質問

クラブに最適な服装やNGな服装について解説しましたが、この他にも初めてのクラブに行く前に不安に感じていることがあるかもしれません。ここでは、クラブについてのよくある質問をまとめました。不安な人は参考にしてみてください。

どのようなバッグで行くべき?

クラブに適したバッグとはどんなものでしょうか。

結論から言うと、男女問わず小さめのバッグがおすすめです。ロッカーの使えないクラブもあるからです。

小さめのバッグであれば、ロッカーが使えなくても邪魔にならず踊ることができます。とくに、ショルダーバッグやボディバッグなどは両手が空くのでおすすめです。

クラブのドレスコードは場所によって違う?

クラブのドレスコードは場所によってさまざまです。高級なクラブの場合はドレスコードが厳しいところもあります。

ただし、一般的なクラブの場合、イベントによってドレスコードが変わることが多いです。たとえば、季節によって夏は浴衣、秋はハロウィンの仮装などのドレスコードが設けられることがあります。

一番大切なのは、行きたいクラブのホームページでドレスコードを確認することです。安心してクラブに行きたいのであれば、事前にドレスコードを把握しておきましょう。

クラブはどれくらいのお金がかかる?

クラブに通うにはどれくらいのお金がかかるのかも重要なポイントです。

クラブの入場料は1回1,000〜4,000円程度で、ドリンク代が500〜1,000円程度です。基本的には、男性より女性の方が安い料金で利用できます。また、ロッカーを使用するのであれば300~500円が別途かかるのです。

月に10回クラブに通う場合は、最低でも10,000〜40,000円程度かかるでしょう。

まとめ

クラブに適した女性の服装は季節ごとに以下の2つに分けられます。

【クラブに適した女性の服装】
・春夏は適度な露出で動きやすい服装
・秋冬はおしゃれで大人っぽい服装

男性の場合は、以下の2つを参考にしてください。

【クラブに適した男性の服装】
・春夏はカジュアルで爽やかな服装
・秋冬はニットやアウターでおしゃれな雰囲気の服装

また、クラブによってドレスコードが違うので、事前にホームページから確認してください。

クラブを利用するときに少しお得な方法はないかな、と考えている人は情報銀行サービスDprimeの利用を検討してみてください。

情報銀行サービスDprimeとは、自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取れるサービスです。

ぜひ、Dprimeを利用して、パーソナルデータを有効活用しましょう。

本記事は掲載日時点の情報に基づいて作成しています。Dprimeに掲載されている企業は今後変更となる可能性がありますので、ご留意ください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ