データを活用しビジネスに活かそう!メリットや活用事例も紹介!

データ活用をすれば、顧客満足度向上や市場ニーズ把握につながり、大きなビジネスチャンスにつながるかもしれません。本記事では、データ活用をするための具体的な方法やメリットを分かりやすく解説します。ビジネスにデータ活用をする方法を知って、市場におけるチャンスを掴みましょう。

データを活用しビジネスに活かそう!メリットや活用事例も紹介!

ビジネスにデータ活用をすべきだと感じていても、なぜ必要なのかが分からなかったり活用方法に悩んだりしていませんか。データ活用をすることで、顧客満足度向上や市場のニーズ把握に役立つでしょう。

本記事では、データ活用をするための具体的な方法やメリットについて説明します。活用事例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ビジネスにデータ活用をする方法を知って、市場におけるチャンスを掴みましょう。

データ活用とは

データ活用とは

データ活用とは、企業のなかで継続的にデータを用いて、ビジネスに活用することです。日々の業務のなかで、継続的にデータを用いることによりリアルタイムで現状を把握できます。

データとはいっても、顧客データやターゲットとしている市場データ、従業員データなど、さまざまな種類があります。ビジネスに活用するためにも、ビジネスのヒントとなるデータを活用するのが大切です。

現在、個人が所有している電子端末やさまざまな場所からデータ収集が行われています。

たとえば、ECサイトの購入・行動履歴、インターネットでの検索ワード、SNSのユーザーデータなどです。

いままで、経営者や従業員の経験と勘でビジネスを進めていた企業も、データを活用して戦略を立てることで仮説や検証に役立つでしょう。

ビジネスでデータ活用をするメリット

ビジネスでデータ活用をするメリット

データ活用という言葉を聞いても「なぜしたほうがよいのか分からない」と戸惑う人も多いでしょう。しかし、ビジネスでデータ活用をするメリットを知れば、納得して自社に取り入れたいと思うかもしれません。

ビジネスでデータ活用をするメリットは、おもに3つあります。

【ビジネスでデータを活用するメリット】
・売上の向上につながる
・事業拡大に役立つ
・新規事業立ち上げのヒントが得られる

売上の向上につながる

データ活用によって顧客の傾向や趣向を詳細に理解できれば、より需要にあった商品やサービスを提供できるようになります。その結果、売り上げ向上につながるでしょう。

たとえば、ECサイトを運営している会社であれば、閲覧履歴や購入履歴から趣味趣向を理解でき、ユーザーにあった広告を打ち出せます。

データを取り続けることでリアルタイムで集計・分析ができるため、ユーザーが「欲しい」と思ったタイミングで商品を提示し、購買につなげられるのです。

事業拡大に役立つ

膨大なデータは、効率的な事業拡大を手伝ってくれます。なぜなら、新しい挑戦のたびにデータを活用して仮説、検証できるからです。

戦略によってどれほどの効果が上げられたのか検証することで、改善ポイントを理解したうえで次の戦略に挑めるでしょう。

新規事業立ち上げのヒントが得られる

新規事業の立ち上げを考えているときにも、データ活用は役に立ちます。まったくなにもないところからアイデアを生み出すことは難しいです。

しかし、市場のニーズや顧客の趣味趣向を根拠にすると戦略を立てやすくなるでしょう。

経験や勘ではなく、データに基づいた戦略であれば周囲に理解を求めやすくなり、スピード感のある意思決定に役立ちます。その結果、新規事業であっても、データからヒントを得て、自信を持って参入するための手助けになるでしょう。

企業でデータ活用をするための手順

企業でデータ活用をするための手順

データ活用には、ビジネス面でのメリットが多くあります。しかし、実際にどのようにデータ活用を進めるべきなのでしょうか。

企業でデータ活用するときの方法の例を以下の手順に従って解説します。

【データ活用の手順】
1.データを可視化する
2.データを分析する
3.ビジネスの発見がないかを確認する
4.戦略を立てる
5.効果検証を行う

こちらの手順を確認し、自社でのデータ活用を推進しましょう。

手順1.データを可視化する

まずは、無秩序に並んだデータを可視化するために、ただの数値の配列から表やグラフ、図に書き換えましょう。

いままで見えなかった相関関係や変化が分かりやすくなります。社内の経営陣や社外の関係者にも趣旨が伝わりやすくなるはずです。

手順2.データを分析する

データを可視化したら、そのデータを分析して経営に活用できる要素がないか確認していきます。

具体的には、以下の4つの点に注目しましょう。

【データを分析する際に注目する点】
・規則性がないのか
・異常値がないのか
・相関関係はないのか
・因果関係がないのか

どのように分析をすればよいかわからないという人は、TableauやQlikViewなどのデータ分析のツールを使うとスムーズです。

手順3.ビジネスの発見がないかを確認する

データ分析結果から、ビジネスに関する発見がないかを確認しましょう。

たとえば、以下のようなことを導き出せます。

分析結果詳細の例
規則性がある毎週かならず水曜日の売り上げが高い
異常値がある12ヶ月のうち3月だけ売り上げが突出している
相関関係がある気温が高いほど、ビールが売れる
因果関係がある雨が降ったためスイカが売れない

このように、乱立したデータを整理し、規則性や異常値を見抜くことで、今後の経営戦略に役立つでしょう。

手順4.戦略を立てる

ビジネスの発見を基盤として、今後の戦略を立てましょう。マイナスを解消したり、プラスをさらに伸ばしたりするための手法を模索します。

「おそらくこうだろう」といった予測でなく、データ分析が根拠となっているため失敗するリスクは比較的低いでしょう。

戦略を立てたらすばやく実行に移すことが大切です。

手順5.効果検証を行う

最後に、実践したときの効果検証をおこないましょう。予想通りの効果が出たのかどうかを確認して、効果がでていれば引き続き戦略を実行していきます。

一方で、期待通りの効果が出なかった場合は、なにがダメだったのか原因究明をして今後に活かさなければなりません。

再びデータを分析して、PDCAサイクルを繰り返し、より精度の高い戦略で事業の拡大に役立てましょう。

業界ごとに見るデータ活用をした事例

業界ごとに見るデータ活用をした事例

データ活用の手順を説明しましたが、どのようなデータを扱うべきか悩む人もいるかもしれません。

ここからは、以下の業種別にデータ活用をしている事例を確認していきましょう。

【データ活用をしている業種の例】
・製造業
・小売業
・サービス業
・人材管理業

自社の業界の事例を見て、ぜひ参考にしてください。

製造業

製造業ではIoT(Internet of Things)によるデータ活用が進んでいます。

業務の効率化や品質管理、在庫管理などに使われており、異常があればすぐに原因追求をしてトラブルを最小限に抑えることが可能です。

どの過程で納期が遅れているのか、どれほどの割合で製品にエラーが出るのかなどのデータが細かく分析され、生産の遅れや不良品の出荷を防ぐのに役立てています。

小売業

小売業では、複数のデータを使って購買意欲を高めるための施策を打ち出しています。

顧客データはもちろん、天候データや店内での顧客の行動データ、商品別売り上げデータなどから、最適な在庫を保有したり商品陳列を変えたりするのです。

また、近年ではECサイトと実店舗での購買履歴を1つの会員情報で管理し、顧客の属性ごとに最適な広告メールを配信するといった活用もされています。

サービス業

飲食や宿泊などのサービス業では、効率的な店舗運営をするためにデータを活用した来店客数の予測がされています。

過去の来店データをもとに、発注量やスタッフのシフトを決定するのです。

天候データや周辺のイベント情報を含め、より正確な来店客数を予測することでコストの削減にも役立っています。

人材管理業

人材管理という業種はどの企業にも人事という形で存在します。そこでは、従業員のデータを活用することで離職率の軽減に役立てています。

たとえば、労働時間や過去の評価履歴、メンタルヘルスなどのデータを管理することで、正しく従業員を評価できているのかを確認するのです。

また、従業員が離職した原因をデータで蓄積することで、自社の課題が見えてくるかもしれません。

離職率や採用コストを下げるためのデータ活用方法もあるのです。

ビジネスにおけるデータ活用の課題

ビジネスにおけるデータ活用の課題

ビジネスへのデータ活用は近年急激に注目されるようになりました。

大企業ではデータ活用している会社も増えてきましたが、中小企業ではまだまだ活用できていない会社も珍しくありません。

なぜなら、ビジネスにおけるデータ活用には、以下のような2つの課題があるからです。

【ビジネスにおけるデータ活用の課題】
・データを正しく分析できる人材がいない
・活用できるほどのデータを継続的に取得できない

それぞれの課題と解決策を確認しておきましょう。

データを正しく分析できる人材がいない

企業内にデータが蓄積されていても、正しく分析できる人材がいなければビジネスに活用するのは難しいでしょう。

データ分析のスキルや人員の不足、組織全体のリテラシー不足がビジネスの成長を阻害している要因になるかもしれません。

そのような場合は、専門の人材を雇ったりデータ分析の専門の会社に委託したりして、価値あるデータをビジネスに活用しましょう。

データ分析会社を利用する場合は、月額料金が数万円~数百万円と価格帯が様々です。料金体系によって、サポート内容も変わるので、契約の前に必ず確認して、自社に合わせたものを選びましょう。

活用できるほどのデータを継続的に取得できない

そもそも活用できるほどのデータを継続的に取得できない企業もあります。

顧客データを一元管理するシステムやデータ蓄積の方法が確立していなければ、経営方針や経営戦略の根拠にするのは困難かもしれません。


そういった場合も、データを収集している専門会社に依頼するのがおすすめです。自社で活用したいデータを効率的に集める手助けになるでしょう。

まとめ

データ活用とは、会社が継続的に顧客や従業員などのデータを取得して、ビジネス成功のために活用することです。データ活用は売上アップや新規事業立ち上げに役立つでしょう。

そのような情報を体験や価値などと交換できる情報銀行というサービスが増えてきたことをご存知でしょうか。三菱UFJ信託銀行では、Dprimeという情報銀行サービスを提供しています。

Dprimeとは、自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取れるサービスです。

パーソナルデータをお得に活用できる情報銀行Dprimeをぜひ一度体験してみてください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ