ウェアラブルとは?基礎知識やおすすめの端末をご紹介!

ウェアラブルとは、日本語で「身につけられる」と訳されます。現在では、身につけられる小型の端末や電子機器に使われるのが一般的です。この記事では、ウェアラブルについての概要やウェアラブル端末の種類、ウェアラブル端末の例を解説します。

ウェアラブルとは?基礎知識やおすすめの端末をご紹介!

「ウェアラブル端末」といった言葉を近頃聞くようになったという人は少なくないはずです。しかし、そもそも「ウェアラブル」とは何を指すのでしょうか。

ウェアラブルとは、日本語で「身につけられる」訳されます。現在では、身につけられる小型の端末や電子機器に使われるのが一般的です。この記事では、ウェアラブルについての概要、ウェアラブル端末の種類や具体例を解説します。

また、ウェアラブル端末のメリットと注意点、選び方も紹介するので、ウェアラブル端末の購入にも役立つでしょう。

この記事を読み、ウェアラブルについての理解を深め最適な端末を見つけてください。

ウェアラブルとは

ウェアラブルとは

ウェアラブルとは、日本語で「身につけられる」と訳されます。服やメガネ、腕時計や指輪など身につけて持ち歩けるものはウェアラブルなものと言えるでしょう。

また、ウェアラブル端末とは、身につけられるIoT機器やコンピューターのことを指します。現在では技術が進歩し、いつでもどこでもウェアラブル端末でインターネットが使えるようになったのです。

ウェアラブル端末があれば、生活記録を自動でつけたり、他の端末と連携して操作したりできるようになります。さらに便利な生活のため、ウェアラブル端末についてより深く確認していきましょう。

ウェアラブル端末とは?特徴や活用方法

ウェアラブル端末とは?特徴や活用方法

「ウェアラブルについて理解したけれど、具体的にどう使えるか分からない」という人は少なくないでしょう。

ウェアラブル端末についてさらに深く知るため、ウェアラブル端末が使える場面や特徴を押さえましょう。

ここからは、ウェアラブル端末は具体的にどういったものなのか、どのように活用できるのかを解説します。ウェアラブル端末をより深く知りたい人、購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

ウェアラブル端末の特徴

ウェアラブル端末最大の特徴は、身につけて持ち歩けるという点です。

身につけている状態なので、何かの作業やスポーツをしているときでも利用できます。また、長時間つけていても、ストレスなく身につけられるので、運動や睡眠などの生体情報を管理することが可能です。

ほかにも、ウェアラブル端末には腕時計型、指輪型、メガネ型などさまざまな種類があります。そのため、自分の好みにあった製品が選べるでしょう。

ウェアラブル端末の活用方法

ウェアラブル端末と一括りにしてもその機能は、製品によって大きく異なります。

ウェアラブル端末の主な機能は以下のとおりです。

【ウェアラブル端末の主な機能】
・時間の表示
・移動距離や歩数の測定
・心拍数などの生体情報管理
・他の端末・デバイスとの連携
・電話などの通知受け取り・会話
・ゲームの利用
・キャッシュレス決済の利用

ウェアラブル端末のなかには、健康管理に特化したものや、エンターテイメントに特化したものもあります。また、たくさんの機能を持つウェアラブル端末もあり、活用方法からも自分にあった選択が可能です。

ウェアラブル端末を持つメリット

ウェアラブル端末を持つメリット

ウェアラブル端末は便利なものですが、「同じ機能ならスマホでもよいのでは?」「やっぱりパソコンのほうが高性能でしょ?」と感じる人もいるでしょう。

そこでここからは、ウェアラブル端末ならではのメリットを以下のとおり紹介します。

【ウェアラブル端末ならではのメリットを以下のとおり紹介します。】
・作業の邪魔にならない
・細かなデータが取れる
・データの連携ができる

なぜウェアラブル端末が便利なのかを理解し、ウェアラブル端末を購入すべきか考えてみましょう。

作業の邪魔にならない

ウェアラブル端末は身につけられるため、手を使う作業をしているときも邪魔になりません。スマホやパソコンを操作するとき、どうしても手を使う必要があり作業が中断されることに悩んでいる人は多いでしょう。

しかし、ウェアラブル端末なら手を動かさず自動でデータを取ってくれるもの、声だけで操作ができるものが多くあります。そのため、忙しい人でも作業の邪魔にならずに、体調管理・通知確認・他デバイスとの連携ができるのです。

細かなデータが取れる

ウェアラブル端末は常に身につけられるため、細かに生体情報を管理できます。

例えば、心拍数や血中酸素濃度などは、身につけられるデバイスでなければ正確な診断が難しいです。そのため、常に身につけておけないスマホでは、正確なデータが出ない可能性があるでしょう。

一方、ウェアラブル端末であれば、常に身につけてデータを計測できるため、自分の体の調子をより深く知ることができます。

データの連携ができる

ウェアラブル端末で測定した細かなデータは、スマートフォンや他のデバイスと連携して管理できます。そのため、生体データを他のデバイスで細かく分析したり、管理したりすることが可能です。

また、連携機能を使い家の外から家電を操作できます。デバイス同士を連携させ、さらに便利な暮らしを送りたい人には、ウェアラブル端末がおすすめです。

ウェアラブル端末の種類や機能

ウェアラブル端末の種類や機能

ウェアラブル端末にはさまざまな種類があり、自分の生活にあったものが選べます。

一般的なウェアラブル端末の種類は、以下のとおりです。

【ウェアラブル端末の種類】
・腕時計タイプ
・リストバンドタイプ
・ゴーグルタイプ
・リング(指輪)タイプ
・衣類タイプ
・イヤフォンタイプ

ここからは、それぞれにどのような機能が搭載されているか解説します。また、端末の種類ごとのメリットや特徴も紹介するので、どのようなウェアラブル端末があるのか気になる人はぜひチェックしてください。

腕時計タイプ

腕時計タイプのウェアラブル端末は、ウェアラブルスマートウォッチとも呼ばれます。

ウェアラブルスマートウォッチとは、時間が確認できるのにくわえ、健康管理や通知管理などさまざまな機能を持った端末です。

なかには、通話や簡単なメッセージ送信ができるものもあり、ウェアラブルなスマートフォンとも言えるでしょう。

健康管理から通知管理、生体データ管理など時間を確認しつつさまざまな用途に使える端末をお探しなら、腕時計タイプがおすすめです。

また、血圧が気になるなら血圧を測定できる端末がよいでしょう。血圧を測れるウェアラブル端末とは、腕などに身につけて簡易的に血圧を測定してくれる機械のことです。リストバンドまたは腕時計型のものが多く、邪魔にならないので、日常的に血圧管理ができます。

リストバンドタイプ

時刻の表示はないものの、腕時計と同じく腕に巻きつけて使えるものが、リストバンドタイプのウェアラブル端末です。機能は腕時計タイプと近く、高機能なものもたくさんあります。

また、見た目がスポーティなのでスポーツをしている人や、カジュアルなファッションを好む人に向いているでしょう。

ゴーグルタイプ

ゲームに使うことが多いVR機能のついたウェアラブル端末は、目に装着するゴーグルタイプのものが一般的です。これまで以上に臨場感を味わえるVRゲームだけでなく、精巧な映像体験ができるARも、ゴーグルタイプの端末で試せます。

メガネタイプのウェアラブル端末では、ゲーム以外にもマニュアルやマップの表示、目の前にある荷物情報のチェックなど、ビジネスの場で使われることも少なくありません。

ゲーム好きな人や、ビジネスでウェアラブルデバイスを使いたいという人は検討してみてください。

リング(指輪)タイプ

ウェアラブル指輪(リング)とは指輪型のウェアラブル端末です。指に着けられるほど小型なので、作業の邪魔になることはほとんどないでしょう。

リングタイプの端末では、生体データの記録が取れたり、指先の動きで家電の電源を切り替えたりすることができます。

この機能を使えば、遠隔で家電を操作したり、健康管理を手軽にできたりするようになります。なるべく小型で高機能なデバイスが欲しい人に向いているでしょう。

衣類タイプ

身につけた服で生体データを記録できる、衣類タイプのウェアラブル端末もあります。現在は下着のような形で身につけるもの、赤ちゃんに靴下を履かせて生体データを取れるものなどが登場しました。

衣類タイプのウェアラブル端末なら、負担をかけず生体データの管理ができます。また、肌に触れている面積が広いためより正確な計測ができるのも魅力です。

イヤフォンタイプ

イヤフォンタイプのウェアラブル端末は、音楽を聞けたり、生体データの取得・管理ができたりします。また、スマートフォンと連携し通知を受け取り、ハンズフリーで電話ができるものも多いです。

イヤフォンタイプのウェアラブル端末は見た目もおしゃれで場所を選ばず使えます。そのため、普段から音楽や動画を楽しむためにイヤフォンを持ち歩いている人にはおすすめです。

ウェアラブル端末の選び方

ウェアラブル端末の選び方

ウェアラブル端末は、選び方によって求めていた用途に使えなかったり、スマートフォンと連携ができなかったりすることもあります。ウェアラブル端末は安くないため、正しい選び方を知って失敗を防ぎましょう。

ウェアラブル端末を選ぶポイントは、以下のとおりです。

【ウェアラブル端末を選ぶポイント】
・使用する目的は何か
・OSは適切か
・端末は予算内か

自分にあったメリットを発揮するためにウェアラブル端末の選び方を意識して、欲しいウェアラブル端末を決めましょう。

使用する目的は何か

ウェアラブル端末は機能がそれぞれ大きく異なるため、目的にあわないものを買ってしまうのは惜しいことです。

例えば、健康管理がしたいにもかかわらずキャッシュレス決済機能しかない端末を買ってしまうと、健康管理ができなくなります。

また、端末のカスタマイズや機能の追加は一般的ではないため、最初から目的にあったデバイスを購入しましょう。どのような機能があるか分からない場合は、公式サイトで調べたり、販売店の人に聞いてみたりしてください。

OSは適切か

購入するウェアラブル端末がスマートフォンと連携する場合、自分のスマートフォンとOSが一致しているかを確認しましょう。

OSとは、スマートフォンやパソコンの基本ソフトウェアのことです。具体的には、スマートフォンの場合iPhoneに搭載されているiOS、それ以外のスマホに広く搭載されているAndroidがあります。

スマートフォンのOSと、ウェアラブル端末の対応OSが一致していない場合、データの連携ができません。

昨今はiOSにもAndroidにも両方対応しているデバイスが多いです。しかし、片方しか対応していないものもあるので確認しておきましょう。

端末は予算内か

ウェアラブル端末は小さくて高機能な物が多く、購入にお金がかかってしまいます。そのため、予算をあらかじめ決めて検討することが大切でしょう。

ただし、ウェアラブル端末の機能が少ない場合、使用しているうちに不満を感じる可能性もあります。また、値段を下げると、その分性能が低くなってしまい、思ったように使えないというケースもあるでしょう。

そのためウェアラブル端末を購入するときは、自分の目的にあった理想のものを厳選して、予算をあらかじめ決めて購入するのがおすすめです。

もちろん高機能なデバイスを求めればお金はかかりますが、満足のいく買い物をするため、機能と値段のバランスを見極めて選んでください。

用途別のおすすめウェアラブル端末

用途別のおすすめウェアラブル端末

ここからは、ウェアラブル端末に対するイメージを深めるため具体的な製品を紹介していきます。

紹介する製品は、以下のとおりです。

【ウェアラブル端末の製品例】
・Apple Watch
・Google Glass
・COCOMI

企業向けの製品もありますが、具体的なデバイスを知ることで自分にはどのようなものが必要なのかを理解できます。それぞれの製品ごとの特徴や用途、身につけ方を確認し、自分にあったものを探しましょう。

健康管理におすすめ:Apple Watch

健康管理におすすめ:Apple Watch

出典:Apple

Apple Watchは、有名なヘルスケアウェアラブル端末です。ヘルスケアウェアラブル端末とは、ヘルスケアを目的としてさまざまな機能を持った端末のことです。

Apple Watchでは、心拍数、心拍リズムの確認など、基本的なヘルスケア機能にくわえ、血中酸素濃度の測定も行います。さらに、スポーツなどのワークアウトをしている最中、運動時間や心拍数、高度や走った距離なども確認することが可能です。

Apple Watchだけでアクティビティの共有や通知の確認、音楽の再生もできるためスポーツを本格的に行っている人に向いているでしょう。

ビジネスの作業効率化に:Google Glass

ビジネスの作業効率化に:Google Glass

出典:Google 「Glass Enterprise Edition 2」

Google Glassとは、ビジネスにおける作業効率化を目的としたウェアラブル端末です。Google Glassは、QRコードをスキャンすることにより荷物の中身を確認したり、ディスプレイ上で商品の個数や場所をチェックしたりすることで倉庫作業に役立ちます。

また、現場のカメラ映像を見ながら遠隔で指示を出したり、コミュニケーションを取ったりすることも可能です。そのため、保守・メンテナンス業務や、接客での活用も見込めます。

一般向けには商品化されていませんが、ビジネスで活かせる人はぜひ検討してみてください。

生体情報を管理できる:COCOMI

生体情報を管理できる:COCOMI

出典:COCOMI

COCOMIは、インナーとして使えるスマート衣料です。身につけることで心拍数・呼吸・発汗・皮膚温などが測定可能になり、より細かな生体データの確認ができます。

また、COCOMIは​​おしゃれで他の服の邪魔にならず、普段使いできるデザインであるため、ファッション性にも富んでいると言えるでしょう。

スマート衣料とは、ウェアラブル機器を組み込んだ衣服のことです。この製品のように、ウェアラブル端末が当たり前になるにつれ、ファッション面でも進化していく製品は多いでしょう。

こうした衣類タイプのウェアラブルデバイスはファッションとの相性が重要になるため、今後登場する製品でも機能と合わせてファッション性をチェックしましょう。

ウェアラブル端末にかかるお金

ウェアラブル端末にかかるお金

ウェアラブル端末の値段は高価なものが多いです。ウェアラブル端末として人気のApple Watch series 6で4万7080円(税込)からとなっています。機能を絞ることで費用を抑えた製品もありますが、高機能なウェアラブルデバイスはどうしても費用がかかると言えるでしょう。

また、ウェアラブル端末のなかには、通信料として毎月の負担が発生するものもあります。

通信料は携帯キャリアによって異なりますが、Apple WatchのCellularモデルを利用する際は、キャリアで毎月500円ほどとなっています。今後通信料が変動する可能性もありますが、長く使えば負担になる金額でしょう。

もし、ウェアラブルデバイスを利用する際の金額が気になる人は、普段の生活をよりお得にするために個人のパーソナルデータをギフトに変えられるDprimeに登録してみてはいかがでしょうか。

Dprimeとは、自分のパーソナルデータを企業に提供し、その謝礼としてクオカードやクーポン券などのギフトがもらえるサービスです。特別な毎日を過ごしていなくても、パーソナルデータを送ればギフトがもらえるのでお得に毎日を過ごしたい人にはおすすめですよ。

まとめ

ウェアラブルは「身につけられる」という意味でした。ウェアラブルな端末は、新しい製品も次々に登場しているため自分にあったものを見つけられるでしょう。

ウェアラブル端末には以下のようなさまざまなメリットがありました。

【ウェアラブル端末のメリット】
・作業の邪魔にならない
・細かなデータが取れる
・データの連携ができる

ウェアラブル端末は、メリットが多く普段の生活をより便利にしてくれるので、おすすめできます。しかし、費用の問題もあるため、使う製品は慎重に決めるべきです。また、選び方によっては機能を活かせないこともあるので使う目的にあったウェアラブル端末を選びましょう。

ウェアラブル端末にかかるお金が気になる人は、Dprimeでパーソナルデータをお得なギフトに変えてみてはいかがでしょうか。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ