一人暮らしにおすすめのプロジェクター5選!レイアウトのコツや選び方も紹介

一人暮らしの部屋でもプロジェクターは設置できます。しかし、プロジェクターごとに多様な性質があるため、設置する環境や利用目的によって、最適な製品は異なるのです。この記事では、一人暮らしでプロジェクターを導入するメリットや機種の選び方、設置する際のコツなどを解説します。

一人暮らしにおすすめのプロジェクター5選!レイアウトのコツや選び方も紹介

一人暮らしでプロジェクターの導入を検討中でしょうか。プロジェクターは一人暮らしの部屋でも設置できて、プロジェクターならではのメリットも多いです。

しかし、プロジェクターにはさまざまな機種があるため、使用する環境によって適した製品が異なります。

この記事では、一人暮らしの人にプロジェクターがおすすめな理由、設置する際のレイアウト案やコツ、おすすめ機種を紹介します。

ライフスタイルに合うプロジェクターを選んで、暮らしの楽しみを増やしましょう。

一人暮らしにプロジェクターがおすすめできる理由

一人暮らしにプロジェクターがおすすめできる理由

プロジェクターは、小型化されるにつれて、家庭用の映像機器として注目されるようになりました。パソコンの普及でテレビを所有しない人が増え、テレビの代用品としてプロジェクターを選択する人もいるほどです。

一人暮らしの人にプロジェクターをおすすめできる理由は、以下の3点です。

【プロジェクターをおすすめできる理由】
・場所を取らない
・他の場所でも使える
・テレビの代わりにもなる

プロジェクターならではの身軽さや手軽さについて解説します。

場所を取らない

プロジェクターは省スペースで場所を取りません。本体の大きさは数十センチ四方のため、ワンルームや1Kの部屋でも設置場所を確保できるでしょう。

また、照明一体型のプロジェクターであれば、天井に設置できます。テレビのコード類がかさばるというわずらわしさからも開放されるのです。

テレビの代わりにプロジェクターを使えば、テレビ分のスペースが空いて、部屋を広々と使うことができるでしょう。

他の場所でも使える

プロジェクターは設置場所の自由度が高いです。テレビは一度設置すると場所を移動するのが大変ですが、プロジェクターは好きな場所へ手軽に移動できます。

モバイルプロジェクターは持ち運ぶことを前提に作られているため、野外でも映像を鑑賞できるのです。

移動のしやすさは、プロジェクターならではのメリットで、多様な楽しみ方が見出せるでしょう。

テレビの代わりにもなる

テレビの代用品として、プロジェクターを所有する人もいます。テレビは大画面になるほど高価になりますが、プロジェクターは安価でも大きな画面の映像を楽しめるのです。

また、プロジェクターは、テレビ放送を受信するチューナーがあれば、テレビ番組も視聴できます。テレビを購入しようと迷っている人は、一度プロジェクターも検討してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしでプロジェクターを設置するコツ

一人暮らしでプロジェクターを設置するコツ

一人暮らしの部屋にプロジェクターを配置するには、レイアウトを考える必要があります。

レイアウトを考える際にプロジェクターの配置を最優先すると、生活空間を損なう可能性もあるので、注意しましょう。

一人暮らしの部屋でプロジェクターを設置する際は、下記の3点を検討してください。

【一人暮らしでプロジェクターを設置するポイント】
・部屋の形を考慮する
・部屋の壁を活用する
・設置場所と投影場所の距離を確保する

部屋の形を考慮する

プロジェクターとスクリーンは、間隔を空けて設置する必要があります。よって、スペースが限られている場合は、部屋の形に合わせた配置がおすすめです。

正方形の部屋にプロジェクターを設置するには、まずソファやベットを視聴したい位置に設定します。そのあとに、プロジェクターとスクリーンの場所を決めましょう。

長方形の部屋は、長手方向にスクリーンとプロジェクターを設置するとよいでしょう。より大きい画面サイズで、映像を投影できます。

部屋の壁を活用する

部屋の壁紙が無地で白やベージュなら、壁面がスクリーンになります。したがって、スクリーンが使えなくても、プロジェクターの設置は可能です。

確保できる壁面の面積によって、画面のサイズは変わります。プロジェクターならではの大画面を楽しむには、60インチ以上で投影するのがおすすめです。

60インチを投影するには縦が75cm、横は133cmの壁面が必要になります。80インチの場合は縦100cmで横177cmです。

もし、壁面が白などではなく、壁面の確保も難しいという場合は、スクリーンの購入を検討しましょう。

設置場所と投影場所の距離を確保する

プロジェクターとスクリーンは一定の間隔を空ける必要があります。その距離を投影距離といい、確保できる投影距離によって使える機種が変わります。

壁とプロジェクターの投影距離を離せるほど、製品の選択肢が増えて、好みのプロジェクターを見つけやすくなります。

一般的なプロジェクターは、100インチの投影に3mが必要になります。短焦点タイプのプロジェクターは1.5mです。

プロジェクターとスクリーンの投影距離を確保するのが難しいのであれば、短焦点のプロジェクターを検討しましょう。

一人暮らしにおすすめなプロジェクターの選び方

一人暮らしにおすすめなプロジェクターの選び方

一人暮らしにおすすめなプロジェクターの選び方について解説します。

一人暮らしの部屋で使用する場合は、下記の3つの要素を考慮して選ぶとよいでしょう。

【一人暮らしでプロジェクターを選ぶポイント】
・本体のサイズ
・投影サイズと投影距離
・画面の明るさ

小型でも高性能だったり、狭い部屋でも高画質を楽しめたりするプロジェクターもあります。設置する環境や利用目的に合うものを探していきましょう。

本体のサイズ

一人暮らしで部屋のスペースに余裕がなければ、小型サイズのプロジェクターが便利です。

また、最近では、小型でも性能がよく、バッテリーも優れている商品が増えています。

小型のプロジェクターは軽量なので、持ち運びもしやすいです。好きな場所で、プロジェクターならではの大画面での映像を楽しめます。

投影サイズと投影距離

一般的なプロジェクターの投影できるサイズは110インチ前後で、2〜3mの投影距離が必要です。一人暮らしで2〜3mの投影距離が確保できない人は、短焦点タイプや天井投影タイプの製品が向いています。

短焦点プロジェクターに必要な投影距離は1m前後です。超短焦点モデルは数十センチで100インチを投影できます。

天井投影タイプのプロジェクターは、上向きに映像を映し出します。そのため、壁面とは違って視界を遮るものが少ないのが特徴です。

天井投影タイプの場合は、部屋の広さがスクリーンの大きさとなり、寝ながらでも映像を楽しめます。

画面の明るさ

プロジェクター選びにおいて、画面の明るさは重要です。明るさの単位はルーメンと呼ばれ、数値が高いほど明るくなります。

しかし、ルーメンが高ければ高いほど、映像が見やすくなるわけでもありません。

3000ルーメン以上のプロジェクターは、明るい部屋でも鮮明な画像を映し出します。しかし、暗い場所でルーメンが高すぎると、画面が白飛びすることもあるため、注意が必要です。

使用する場所の環境や明るさを考慮して、最適なルーメンのプロジェクターを選びましょう。

目的別!一人暮らしにおすすめのプロジェクター5選

目的別!一人暮らしにおすすめのプロジェクター5選

プロジェクターを選ぶ際に優先したい条件は見つかりましたか。アウトドアで利用するなら持ち運びできるもの、ホームシアターなら据え置きでも高画質のものがよいでしょう。

続いて、一人暮らしにおすすめのプロジェクターをご紹介します。

最適なシーンは各機種によって違うため、特徴をおさえながら参考にしてみてください。

【持ち運べる】Anker Nebula Capsule II

プロジェクターを持ち運びたい人には、Anker Nebula Capsule IIがおすすめです。小型のプロジェクターで、500mlの缶よりも小さいサイズながら、バッテリーを内蔵しています。

フル充電なら約2.5時間の動画再生ができて、充電しながらの使用も可能です。Bluetoothスピーカー機能もあり、約10時間の音楽再生もできます。

天井前面投影や天井背面投影も可能なため、投影距離が確保できない人にも最適です。

【省スペース】popIn Aladdin 2

プロジェクターの設置スペースを最小限にしたい人におすすめなのがpopIn Aladdin 2です。天井に設置するため、置き場所やコードの配置に悩まされることはなく、部屋のレイアウトを変えずに済みます。

部屋に引掛シーリングさえあれば取り付けられるため、追加工事は不要です。また、popIn Aladdin 2は、シーリングライトとしても利用できます。

高音質のスピーカーが搭載されているため、スピーカーを別途用意する必要もありません。スピーカーのスペースまでも省けるので、部屋を広々と使いたい人におすすめです。

【ホームシアター】EPSON dreamio EF-12

高画質、高音質のEPSON dreamio EF-12は、ホームシアターを構築したい人に向いています。

画質はフルHDで、映像の自然さはエプソン独自の画質調整機能によるものです。部屋を暗くしなくても鮮やかな画像を楽しめて、暗いシーンでも黒つぶれがありません。

ヤマハ製の高音質スピーカーも定評があり、クリアな音質で、力強い低音もしっかりと楽しめます。

老舗メーカーならではの完成度の高さは、画質と音の両方にこだわる人にぴったりでしょう。

【テレビの代用品】BenQ 短焦点 FullHDプロジェクター TH671ST

テレビの代わりにプロジェクターを使いたいという人は、BenQ 短焦点 FullHDプロジェクター TH671STがおすすめです。

3000ルーメンと光量が多く、明るい部屋でもフルHDと同等の解像度で映像を楽しめます。そのため、スポーツや映画鑑賞、ビデオゲームなど、あらゆるシーンで活躍すること間違いなしです。

投影距離は1.5mで100インチの大画面を楽しめるため、設置場所が心配な一人暮らしの人にもおすすめです。

【1万円台】エアリアSD-PJHD02BK

低価格ながら高機能のプロジェクターと言えば、エアリア SD-PJHD02BKです。

小型でも2500ルーメンの明るさがあり、100インチを超える画面でも解像度は落ちません。

また、エアリアSD-PJHD02BKは、パソコンやゲーム機、DVDプレーヤーなど、さまざまな機器と接続可能な点も魅力です。

かんたんな操作でピントや傾きを調整できるので、初めてプロジェクターに挑戦してみたいという初心者の人にもおすすめできます。

一人暮らしでプロジェクターを利用する際の注意点

一人暮らしでプロジェクターを利用する際の注意点

プロジェクターを利用するメリットはたくさんあります。しかし、プロジェクターを購入する前には注意点も理解しておくことが重要です。

プロジェクターの購入前に知っておきたい注意点は以下の3つです。

【プロジェクターの注意点】
・テレビより画質が劣る
・明るいと見えにくい
・起動に時間がかかる

プロジェクターを買ってから後悔しないためにも、詳細を把握しておきましょう。

テレビより画質が劣る

プロジェクターとテレビの画質を比較すると、テレビの方が優れていることが多いので注意しましょう。

しかし、プロジェクターも機種によっては、テレビと同等の解像度があるのです。高解像度のプロジェクターを、最適な環境で使用すると、画質の差を感じにくくなるでしょう。

プロジェクターで投影される映像の美しさは、機種の解像度に依存します。フルHDや4Kの解像度があるプロジェクターなら、くっきりとした映像を楽しめるのです。

画質が気になる人は、フルHDや4Kのプロジェクターの購入を検討しましょう。

明るいと見えにくい

プロジェクターは光によって映像を投影するため、本来は暗い場所での使用が適しています。そのため、明るいところで投影すると、映像がぼやけていると感じてしまうのです。

明るい部屋でプロジェクターを楽しみたい人は、3000ルーメンを超える明るさの商品の購入を検討しましょう。また、窓から入る光を遮光カーテンでさえぎったり、部屋の照明を暗くしたりすることで、改善を図るのもおすすめです。

起動に時間がかかる

プロジェクターは、電源を入れてから起動するまで、数秒から数十秒かかります。この点は、テレビと比較すると、不快に感じるかもしれません。

プロジェクターを導入するためにかかる費用

プロジェクターを導入するためにかかる費用

プロジェクターの中には1万円以下で購入できるものもあります。一方で、高価なものになると、10万円以上のものもあり、最上級の画質と音質を楽しむことが可能です。

持ち運びができるモバイルプロジェクターの相場は、3万円から6万円です。ホームシアター向きや、テレビの代用品としても使えるような、明るく鮮明度の高いプロジェクターは10万円から12万円が目安と言えるでしょう。

天井に設置するプロジェクターは、7万円から10万円を見込んでおいてください。

まとめ

一人暮らしの部屋でも、レイアウトを工夫すれば、プロジェクターは設置できます。大画面での映像を楽しむために、プロジェクターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

プロジェクターの導入費用が気になるようであれば、情報銀行サービスDprimeの利用を検討してみてください。

情報銀行サービスDprimeとは、自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取れるサービスです。

ぜひ、Dprimeを利用して、パーソナルデータを有効活用しましょう。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ