料理が下手な人の特徴や原因とは?料理上手になる方法をご紹介

料理下手な人には、ある共通した特徴があります。今回は、料理が下手な人の特徴や原因について詳しく解説します。料理上手になる方法も紹介しているので、ぜひこの記事を参考に料理下手を克服しましょう。

料理が下手な人の特徴や原因とは?料理上手になる方法をご紹介

日々料理をするなかで「料理下手を克服したい」「もっと美味しく作りたい」と感じる人もいるのではないでしょうか。料理下手な人には、ある共通した特徴があり、この特徴こそが料理下手の原因になっています。原因がわからないままだと、料理下手は治らないかもしれません。

今回は、料理下手な人の特徴や原因を分かりやすく解説します。料理が上手になるための解決策もぜひ参考にしてください。料理に自信がない人も、料理を作る機会が少ない人も、この記事を読んで料理下手を克服しましょう。

なぜ料理下手?5つの特徴と原因

なぜ料理下手?5つの特徴と原因

作った料理を「おいしくない」と思う機会が多いのであれば、料理が下手なのかもしれません。「なぜこんなに下手なんだろう」と悩んでいる人もいるでしょう。

実は、料理下手な人には以下のような5つの特徴や原因があります。

【料理下手な人の特徴】
・レシピ通りに作らない
・下処理ができていない
・火加減が強い
・味見しない
・料理が嫌い

自分に当てはまる項目がないか確認していきましょう。

(1)レシピ通りに作れていない

もし、「料理下手すぎる」と思うのであれば、レシピ通りに作れているのか確認しましょう。レシピを守れていないためにおいしくない料理が出来上がっている可能性があります。

レシピに掲載されている調味料の分量を守らなかったり、「じゃがいもがないから、にんじんを使おう」と材料を変えたり自己流で料理すると、おいしくできません。

何度もレシピ通りに作り、分量や時間の感覚を覚えたらレシピを見なくても上手に作れるようになるでしょう。

(2)下処理ができていない

下処理を適当に済ましてしまうと、食材のクセや苦味、生臭さが残ってしまうことがあります。

たとえば、ゴボウやレンコンは水に浸けてアク抜きをしたり、エビは背わたを取って臭みを取ったりしなければなりません。このような下処理をおろそかにすると、味に大きな影響を与えてしまうので、注意してください。

(3)火加減が強い

火加減を必要以上に強くしてしまうと、表面は焦げているのに中身は生焼けの状態になりがちです。

基本的には、弱火〜中弱火で料理をし、ゆっくり温度を上げて食材に旨味を閉じ込めるとおいしく出来上がります。レシピ本に火加減が書かれているので、参考にしましょう。

(4)味見しない

おいしい料理を作るためには、完成前の味見が欠かせません。味見をすることで、最後の味付けを調整できるからです。

たとえば、味が薄いなら塩やしょうゆを足し、辛いなら料理酒や水分の多い野菜を追加します。料理の途中でしっかり味見をして、理想通りの味になるよう調整しましょう。

(5)料理が嫌い

そもそも料理が嫌いで、上達したいという思いがなければおいしい料理はできません。たしかに料理が出来上がるまでには、献立を考えて食材の下ごしから、味つけまでする必要があるため、面倒だと思う人もいるかもしれません。

嫌いなまま義務感で料理をしていて、おいしくなる努力をしないことも、上達しない原因です。

落ち込むのはまだ早い!料理下手を克服する方法

落ち込むのはまだ早い!料理下手を克服しよう

料理下手の人の特徴に当てはまるからといって、落ち込むのはまだ早いです。料理下手は克服できます。

料理下手の悩みを解決するために、5つの対処法を実践しましょう。

【料理下手を克服する方法】
・おいしい家庭料理を知る
・レシピ通りに作る
・ミールキットを活用する
・料理教室に通う
・便利なキッチンツールを活用する

おいしい家庭料理を知る

おいしい家庭料理を食べて、料理の「正解の味」を知ることが大切です。たとえば、ご両親や友人の手料理を食べたり、レストランでおいしい食事を食べたりしましょう。

どのように味付けをしているのか、調味料はどれくらい使っているのかなどを聞けば、おいしい料理を作るためのコツを知ることができます。理想の味を覚えておいて、実際に料理をするときに味見をしながら再現してみてください。

レシピ通りに作る

レシピ通りに忠実に料理することを意識してください。料理の基本を学ぶためにも、余計なアレンジはしないのがよいでしょう。

下ごしらえの方法や食材の切り方、火加減がわかるようになってきたら、自己流のアレンジをしてもおいしい料理が作れます。基本が分かるようになるまでは、慣れるまで繰り返し基本的なレシピを忠実に再現しましょう。

ミールキットを活用する

ミールキットを活用すれば、必要な食材と調味料が届き、レシピ通りに作るだけでおいしい料理が完成します。すでに野菜がカットされているキットを選べば、自分でおこなうのは焼いたり炒めたりする簡単な作業だけです。

料理に合わせた食材の切り方や味付けに必要な調味料の量を知れることもミールキットのメリットといえます。時短料理ができるミールキットで料理の基本を学びましょう。

料理教室に通う

料理教室ではプロが対面で料理を教えてくれるため、早く上達できるでしょう。気になることを質問したり、時短でできる方法を学べたりするからです。

もし、料理教室に通うのであれば、初心者向けで家庭料理が学べるクラスを選びましょう。いざ料理教室に通ってみたものの、フレンチ料理や創作料理など、普段作れないものばかりを扱う教室もあるからです。また、少人数クラスを選べば気軽に講師へ質問できるのでおすすめです。

便利なキッチンツールを活用する

便利なキッチンツールを活用することで、料理下手を克服できる可能性があります。というのも、素材によって焦げ付きやすいフライパンや切りにくい包丁があるからです。テクニックいらずのキッチンツールで簡単に料理を完成させましょう。

おすすめの便利なキッチンツール4選

おすすめの便利なキッチンツール4選

料理下手な人のなかには、安いキッチンツールを使っていることで上達しない人もいます。安いキッチンツールが一概に悪いと言えませんが、使いこなすまでに時間がかかることもあります。より便利なものに買い換えることを検討しましょう。

便利で使いやすい料理の基本のキッチンツールは、以下のとおりです。

【便利で使いやすい料理の基本のキッチンツール】
・焦げ付きにくいフライパン
・サイズの合うざる・ボウルのセット
・ステンレスの包丁
・キッチンばさみ

焦げ付きにくいフライパン

焦げ付きにくいフライパンがあれば、食材を炒めてもくっつかずに均等に火を通すことが可能です。少ない油でも、十分に熱さなくてもくっつきません。洗うときも楽なので、「料理が面倒くさい」と感じる人にもおすすめです。

フッ素樹脂に人工ダイヤモンドの粒子を混ぜこんだダイヤモンドコーティングのフライパンは、フッ素樹脂コーティングの耐久性が高いため、摩擦に強い特性をもっているので、ぜひ試してみてください。

サイズの合うザル・ボウルのセット

ザルとボウルは、セットで購入してサイズを合わせると水切りなどの際に便利です。大中小のサイズでボウルを揃えると、以下のように使い分けできます。

【ボウルの使い分け】
大…米とぎやサラダ・おかず作り
中…少人数のおかず作り
小…ドレッシング作りや玉子とぎ

ザルも、サイズ別に用意すると用途によって使い分けできます。

【ザルの使い分け】
大…米とぎやサラダ、麺類の水切り
中…少人数の麺類の水切り
小…玉ねぎやきゅうりなどの塩もみ・水切り

すべて同じメーカーで揃えると重ねて保管しやすいので、おすすめです。

ステンレスの包丁

ステンレス包丁は切れ味もよく、扱いやすいのでおすすめです。セラミックやチタン加工の包丁はかっこいいですが、扱いを知らない人が使うと刃が欠けやすいため避けるようにしましょう。

料理初心者の失敗しやすい調理器具が包丁です。何にでも使えるオールマイティなステンレス包丁なら誰にでも扱いやすいので1つは持っておきましょう。

キッチンばさみ

キッチンばさみを使いこなせば、食材の下ごしらえが楽になります。たとえば、お肉を包丁で切ると丸まってしまったりまな板が汚れたりして「面倒くさい」と思う人は多いでしょう。

しかし、キッチンばさみを使えばまな板を汚さず、簡単に切れます。お肉以外にも魚や葉野菜、ネギなどを切るときに便利です。分解ができて洗えるものを選べば衛生的に使えるでしょう。

料理下手を克服するためにかかる費用

料理下手を克服するためにかかる費用

では、料理下手を克服するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。対処法ごとに必要な費用をまとめました。

克服するための対処法費用
料理本1,000〜2,000円程度/1冊
レシピアプリ0〜500円/月
ミールキット(宅配)900〜2,000円/1キット
キッチンツール1,000〜10,000円程度/1ツール
料理教室4,000〜8,000円/1回

できるだけ費用を抑えたいと考えるなら、インターネットで公開されているレシピを繰り返し作って料理に慣れましょう。ぜひ、食べてみたいレシピを見つけて、料理上手を目指してみて下さい。

まとめ

料理下手を克服するには、自己流ではなく基本を押さえることが大切です。料理をする機会を増やして、繰り返すことで確実に上達します。もし「早く上達したい」と思うのであれば、ミールキットの活用や料理教室へ通うことも検討しましょう。

料理下手を克服するために少しお得な方法はないかな、と考えている人は情報銀行サービスDprimeの利用を検討してみてください。

情報銀行サービスDprimeとは、自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取れるサービスです。ぜひ、Dprimeを利用して、パーソナルデータを有効活用しましょう。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ