スポーツウォッチのおすすめ10選!人気ブランドや選び方も紹介

スポーツウォッチを購入しようと思っているものの、種類が多くてどれが良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。そこで、スポーツウォッチの機能、選び方、人気ブランド、おすすめの商品などを紹介します。この記事を参考にして、お気に入りの1本を見つけてください。

スポーツウォッチのおすすめ10選!人気ブランドや選び方も紹介

スポーツウォッチには、さまざまな機能やブランド、デザインなどがあります。どのようなスポーツウォッチを購入するか、迷ってしまいますよね。

よく考えずに選んで購入してしまうと、使いたい機能が搭載されておらず自分の用途に合わない場合もあります。

この記事では、スポーツウォッチの機能や選び方、人気ブランド、おすすめの機種などを紹介します。

この記事を参考に、自分のお気に入りのスポーツウォッチを購入しましょう。

スポーツウォッチとは?7つの機能を紹介!

スポーツウォッチとは?7つの機能を紹介!

スポーツウォッチとは、スポーツやアウトドア、ヘルスケアなどで使える便利な機能が搭載されている腕時計のことです。

スポーツウォッチに搭載されている代表的な機能は7つあります。

【スポーツウォッチの代表的な機能】
・GPS機能
・高度・気圧計測機能
・心拍数・速度計測機能
・ソーラー機能
・防水機能
・スマホ連携機能
・音楽再生機能

製品によって機能もさまざまです。まずスポーツウォッチにどのような機能があるのかを知り、理解を深めましょう。

1.GPS機能

GPS機能とは、人工衛星からの電波を受信し自分の現在地が把握できる機能です。自分が移動した経路の記録や、移動距離やルートの表示もできます。

GPS機能があるスポーツウォッチがあると、ランニングやサイクリング、登山などをする際に役立つでしょう。

2.高度・気圧計測機能

高度・気圧計測機能とは、現在地の高度や気圧を計測できる機能です。登山の際に計画通りのペースでルートを進んでいるかを確認したり、気圧の変化から天気を推測したりするのに使います。

登山をする人なら、この機能が搭載されたスポーツウォッチを選ぶと重宝します。

3.心拍計測機能

心拍計測機能とは、心拍数を計測し体への負担を確認できる機能です。ただ計測するだけではなく、目標の数値を超えてしまった際にアラートで教えてくれたり、トレーニング後に心拍数が正常値に戻るまでの時間を計測できたりもします。

心拍計測機能があると、スポーツだけではなく健康管理にも役立ちますよ。

4.ソーラー機能

電池式や充電式のスポーツウォッチだと、アウトドアシーンなどで突然動かなくなってしまうこともあります。

ソーラー機能が付属しているモデルであれば、日光が出ていれば充電できるため、アウトドアシーンで大いに役立つでしょう。

5.防水機能

スポーツウォッチのなかには、防水機能が搭載されているものもあります。一般的には5気圧〜10気圧まで対応していることが多いです。

雨の中で使う分には5気圧対応のもので十分ですが、マリンスポーツで利用する場合は10気圧対応のモデルを選ぶようにしましょう。ただし、10気圧対応でもダイビングでは利用できないので注意してください。

6.スマホ連携機能

スマホ連携機能があるスポーツウォッチは、走行距離や走行速度、心拍数などのデータをスマホのアプリに転送できます。

トレーニング結果や健康状態をスマホで一元管理したい人は、スマホ連携機能が搭載されているかチェックしましょう。

7.音楽再生機能

音楽データを保存し、再生できる機能が備わっているスポーツウォッチもあります。

スマホがなくてもワイヤレスイヤホンを接続するだけで音楽を楽しめるので、荷物を減らしたい人におすすめです。

スポーツウォッチの選び方

スポーツウォッチの選び方

スポーツウォッチはスポーツだけでなく、アウトドアやヘルスケアにも便利な機能が搭載されています。

しかし、多種多様な機種が販売されているため、どのように選べばよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ここではスポーツウォッチの選ぶ際のポイントをお伝えします。

【スポーツウォッチ選びのポイント】
・用途や機能
・腕時計のタイプ
・重さやサイズ
・ブランドやシリーズ
・バッテリー駆動時間
・値段

用途や機能

スポーツウォッチを使う目的によって必要な機能は変わってきます。

たとえば、ランニングで使うなら高度・気圧計測機能は必要ありません。しかし、登山で使うなら高度・気圧計測機能が搭載されている機種を選ぶ方がよいでしょう。

どのような用途で使う予定で、どんな機能が必要なのかを明確にしておくと、自分に合うスポーツウォッチを選びやすくなります。

腕時計のタイプ

スポーツウォッチには、時計針があるアナログなタイプやデジタル式以外に「スマートウォッチ」と呼ばれるものがあります。

スマートウォッチとはスマホのように通信できる時計のことで、アプリをダウンロードすることでLINEや音楽再生、電子マネー支払いなどができます。

スマートウォッチはデジタル式のものが多いですが、機種によっては時計針を表示させることも可能です。あなたの希望する用途やデザインに合わせてスポーツウォッチを選びましょう。

重さやサイズ

スポーツウォッチをアウトドアやヘルスケアのために購入するなら、重さやサイズはそれほど気にしなくてもよいでしょう。

しかし、スポーツでの利用を考えているなら、重すぎずサイズが大きすぎないモデルが便利です。

また、激しい運動をするなら、フィット感も重要です。腕を大きく動かしても外れる心配のないものを選びましょう。

ブランドやシリーズ

好きなブランドや好きなシリーズがあれば、そのなかから選んでもよいでしょう。着用する服と同じブランドのスポーツウォッチにすると、統一感がありおしゃれになります。

また、継続的に新しいモデルを販売しているシリーズは、人気や実績がある証拠です。価格は高くなりやすいですが、1つのステータスとして身につけるのもおすすめです。

バッテリー駆動時間

アウトドアでの利用を考えている人は、バッテリー駆動時間も考慮して選びましょう。ソーラー機能があっても、雨天時や海では充電することが難しいと考えられるためです。

なかには充電式ではなく、電池式のスポーツウォッチもあります。電池を持ち歩くことになり荷物が増えるのが苦でなければ、検討してみてもよいでしょう。

値段

値段は見逃せない基準です。機能が多いほど値段も高くなる傾向にあります。

機能が充実している機種のほうが優れていそうですが、使いこなせなければ意味がありません。自分が使う予定のある機能だけが搭載されている、コスパのよい機種を選びましょう。

スポーツウォッチの人気ブランド5選

スポーツウォッチの人気のブランド5選

スポーツウォッチは機能だけではなく、タイプやサイズ、ブランドなどを加味して選ぶことが重要です。

ここでは5つの人気ブランドを紹介します。

【スポーツウォッチブランド5選】
・GARMIN(ガーミン)
・CASIO(カシオ)
・SUUNTO(スント)
・SEIKO(セイコー)
・Apple(アップル)

1.GARMIN(ガーミン)

GARMINは、航空や船舶、アウトドアなどさまざまな市場にGPS技術を提供しているアメリカのメーカーです。そのためGARMINのスポーツウォッチは、GPSや速度計測をはじめとする機能が優れているものが多いです。

特にマラソン大会などに出場するランナーに人気があります。データを正確に取得したい、充実した機能を使いたい人に向いています。

2.CASIO(カシオ)

CASIOは、時計やカメラ、電子辞書を販売する日本のメーカーです。時計ブランドとしては世界的にも有名で、「G-SHOCK」シリーズは人気が高いです。

G-SHOCKは「落としても壊れない時計」をコンセプトに開発された時計のため、防水や耐衝撃などの耐久性に優れています。電池寿命が長いモデルも多く、長期間にわたって利用可能です。

機能の豊富さよりも、壊れにくさや使いやすさを求める人におすすめです。

3.SUUNTO(スント)

SUUNTOは、登山やスキー、ダイビングなどのスポーツやアウトドアで使う精密機器を提供しているフィンランドのメーカーです。SUUNTOが提供するスポーツウォッチは、多機能かつ高機能です。

冒険家やアスリートが使うようなモデルが多い他、最近では日常生活でも使える利便性の優れた機種も販売されています。

登山やダイビングなどで利用したい人は、SUUNTOのスポーツウォッチを選ぶと良いでしょう。

4.SEIKO(セイコー)

SEIKOは、日本で初めて腕時計を発売した時計メーカーです。プライベートからビジネスまで幅広いシーンで使えるシンプルなデザインのモデルが多いです。

SEIKOでは、「PROSPEX」や「5スポーツ」などスポーツでの利用を想定したシリーズも販売しています。特にPROSPEXシリーズは、マリンスポーツや登山、ランニングなど利用シーンごとに特化したモデルが販売されているので、自分の用途に合わせて選べるでしょう。

5.Apple(アップル)

Appleは、iPhoneやiPadなどを提供するアメリカのテクノロジー企業です。Appleが提供している腕時計は、「Apple Watch」というスマートウォッチになります。

iPhoneやiPadなどのデバイスとの連携がスムーズに行えたり、バンドの種類を自由に選べたりするのが特徴です。

ジョギングやヨガ、ハイキングなどの運動量を測定できる機能もあり、普段使いはもちろんスポーツウォッチとしても利用できます。

おすすめのスポーツウォッチ10選

おすすめのスポーツウォッチ10選

人気ブランドからおすすめのスポーツウォッチを10個ピックアップしました。

【おすすめのスポーツウォッチ10選】
・GARMIN ForeAthlete 245
・GARMIN Venu2
・GARMIN vivosmart4
・CASIO G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000
・CASIO PRO TREK Smart GPS搭載 WSD-F30
・SUUNTO7
・SUUNTO9
・SUUNTO3
・SEIKO PROSPEX Super Runners SBEF047
・Apple Watch Series7 with ナイキ スポーツバンド

それぞれの特徴をおさえ、自分に合う機種を見つけましょう。

1.GARMIN ForeAthlete 245

1.GARMIN ForeAthlete 245

出典:GARMIN ForeAthlete 245

GARMINの「ForeAthlete 245」は、ランニング初心者から中級者向けのスマートウォッチです。ランニング中の上下動や地面に接地した時間・バランス、歩幅などのフォーム解析が行える「ランニングダイナミクス機能」を搭載しています。

目標やトレーニング日数などを設定すると、達成するためのアドバイスや適したトレーニングプランを教えてくれます。ランニング向けの機能以外にも、アウトドア、サイクリング、スイミング向けの機能も利用可能です。

重量も軽く、デザインもシンプルなので、普段使いにも向いているでしょう。

2.GARMIN Venu2

2.GARMIN Venu2

出典:GARMIN Venu2

GARMINの「Venu2」は、健康モニタリング機能とフィットネス機能が搭載されたスマートウォッチです。心拍数の計測はもちろん、血中酸素レベルやストレスの指標、睡眠の質、フィットネス年齢の指標なども計測できます。

また、筋トレの際に、鍛えた部位やセットごとの回数などの記録も可能です。

バッテリー持続時間は最大で約11日間と長く、充電切れを心配せず使うことができます。

3.GARMIN vivosmart4

GARMIN vivosmart4

出典:GARMIN vivosmart4

GARMINの「vivosmart4」は、スマートな見た目で女性にもおすすめできるスマートウォッチです。viviosmart4の特徴的な機能が「Body Batteryエネルギーモニター」という機能です。

この機能では心拍数の変動や睡眠データ、各種活動データなどを組み合わせて、体のエネルギー残量を数値で表示することが可能です。これにより最適な活動時間や休息時間を決めることができます。

また、ストレス値も計測できるため、ストレス軽減にも役立つでしょう。1万円代で購入できるため、コスパのよいスポーツウォッチを探している人にもおすすめです。

4.CASIO G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000

CASIO G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000

出典:CASIO G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000

CASIOの「G-SHOCK G-SQUAD PRO GSW-H1000」は、G-SHOCKで初めてスマホとの連携機能を搭載したモデルです。G-SHOCKの特徴である耐衝撃や防水20気圧対応などの耐久性の高さはもちろん、メールや電話などの通知表示や音声操作もできます。

GPS機能や心拍計測機能などの機能も備わっているため、ランニング時にスマートウォッチを利用したい人に向いています。人気シリーズのため金額は高いですが、長年愛用できるでしょう。

5.CASIO PRO TREK Smart GPS搭載 WSD-30

CASIO PRO TREK Smart GPS搭載 WSD-F30

出典:CASIO PRO TREK Smart GPS搭載 WSD-F30

CASIOの「PRO TREK Smart GPS搭載 WSD-F30」は、アウトドア向けの多彩な機能を搭載しているモデルです。最長で1ヶ月間も駆動し、GPS機能を使うと3日間は位置情報の記録やオフライン地図の利用ができます。

アウトドア向けの機能だけでなく、普段のエクササイズやトレーニングで測定や記録ができる機能も搭載されています。サイズもコンパクトで、日常でも使いやすい機種と言えるでしょう。

6.SUUNTO7

SUUNTO7

出典:SUUNTO7

「SUUNTO7」は、スポーツと日常の両方での利用に便利な機能が搭載されたスマートウォッチです。心拍数や距離、速度などの測定はもちろん、70種類以上のスポーツに対応した機能が備わっており、用途に合わせて活用できます。

また、スマホのようにミュージックアプリで音楽を聞いたり、電子マネーアプリで決済したりなど日常使いでも役立つでしょう。

7.SUUNTO9

SUUNTO9

出典:SUUNTO9

「SUUNTO 9」はバッテリーの駆動時間が長いモデルです。GPS使用時でも、最大120時間利用でき、運動中でも充電切れの心配がありません。

また、5つの衛星からGPSを受信できる機能も備わっており、正確に現在地を把握できます。高度計測もGPSを元に行われるため、気圧の影響を受けづらく、精度の高い計測が可能です。

そのため、SUUNTO9は登山などで利用するという人におすすめです。

8.SUUNTO3

SUUNTO3

出典:SUUNTO3

「SUUNTO3」は、SUUNTO9やSUUNTO7に比べて、機能が限られているモデルです。その分価格も安く、簡単に使い方を覚えることができます。

心拍数や消費カロリー、睡眠追跡、歩数などを計測できる機能は搭載されており、フィットネスやジョギングなどの軽いトレーニングでは十分に活躍するでしょう。また、24時間つけていてもまったく気にならないほどの超軽量で、かつ丈夫な作りです。

コスパよく、日々のフィットネスに利用したい人はSUUNTO3を選ぶと良いでしょう。

9.SEIKO PROSPEX Super Runners SBEF047

SEIKO PROSPEX SBEF047

出典:SEIKO PROSPEX SBEF047

「SEIKO PROSPEX Super Runners SBEF047」はSEIKOのなかでも、ランナー向けに特化したスポーツウォッチです。ソーラー発電システムが搭載されているのが大きな特徴です。

フル充電をすれば、約6ヶ月間も駆動します。使える機能は多くありませんが、1/100秒まで計測できる機能やラップ機能などが搭載されており、ランニングで使う分には十分役立つでしょう。

価格も安いので、コスパのよいスポーツウォッチが欲しい人に向いています。

10.Apple Watch Series7 with ナイキ スポーツバンド

Apple Watch NIKE

出典:Apple Watch NIKE

「Apple Watch Series7 with ナイキ スポーツバンド」は、Appleとナイキがコラボしたスポーツウォッチです。

バンドの部分に圧縮成形された通気穴が空いており、通気性が良く運動時に汗をかいてもつけ心地が悪くなりません。

また、高性能な素材で作れているため、耐久性も非常に高いです。Apple Watchは他のApple製品との連携がスムーズに行えるため、iPhoneやiPadなどを普段から利用している人におすすめです。

ほかにもApple Watch7にはジョギングやヨガ、ハイキングなどさまざまな運動量を測定できる機能もあります。そのため日常使いはもちろん、スポーツの場面でも活躍するでしょう。

スポーツウォッチの価格相場

スポーツウォッチの値段の相場はどれくらい?

スポーツウォッチは安いものであれば、5,000円ぐらいで購入できます。ただし安い機種は使える機能が限られていたり、デザインがよくなかったりします。

一方で機能が充実した製品や人気ブランドの製品などは、数万円を超えることもあります。

さまざまなスポーツをする人は、種目ごとに特化したスポーツウォッチが欲しくなるかもしれません。

ぜひ、スポーツウォッチで快適な運動を楽しむために検討してみてくださいね。

まとめ

スポーツウォッチがあれば、トレーニングがより効率的になります。自分が行うスポーツに合わせて、必要な機能が付いている製品を選ぶようにしましょう。

しかし、スポーツウォッチを使っていると、さらに高機能な製品やデザイン性が優れた製品が欲しくなることもあります。また、人気ブランドや人気シリーズのスマートウォッチだと、数万円を超えてくることも珍しくありません。

スポーツウォッチの購入だけでなくスポーツそのものの費用を考えると、金銭面で負担に感じることもありますよね。

スポーツウォッチを少しお得に購入できる方法はないかな、と考えている人は情報銀行サービスDprimeの利用を検討してみてください。

情報銀行サービスDprimeとは、自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取れるサービスです。

ぜひ、Dprimeを利用して、パーソナルデータを有効活用しましょう。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ