オーガニックコットンとは?メリット・デメリットやおすすめの製品を紹介!

オーガニックコットンは化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を使わない綿花のことです。農薬を使わないことで、自然環境や綿花栽培に携わる人を守ることにつながることから、今注目されています。そこで、この記事では、オーガニックコットンのメリット・デメリットや、おすすめの商品などを紹介します。

オーガニックコットンとは?メリット・デメリットやおすすめの製品を紹介!

オーガニックコットンとは、化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を使わずに作られる綿花のことです。環境によいイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

この記事では、オーガニックコットンと通常のコットンの違い、メリットとデメリット、おすすめの商品などを紹介します。オーガニックコットンの商品への理解を深め、自分に合った製品選びの参考にして下さい。

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは、オーガニック農産物などの生産方法にしたがい、2〜3年以上の生産実績を経て、認証機関に認められた綿花のことです。

通常のコットンとの違い

オーガニックコットンは、化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を一切使わず栽培しています。実際におこなわれているのは、以下のような栽培方法です。

【オーガニックコットンの栽培方法】
・てんとう虫などの益虫を利用して害虫駆除
・機械を使わずに手で摘む
・布や糸に加工されるまで化学処理をしない

一方、通常のコットンは、収穫の時期を早めて大量に生産するため、大量の除草剤を使います。

また、布地に加工する工程で蛍光剤や漂白剤などの添加物を使ったり、生産地の1つであるインドでは子どもたちを学校に行かせず働かせたりするなど問題が指摘されています。

オーガニックコットンが注目される理由

オーガニックコットンは、自然環境や人間にとって優しい素材です。

オーガニックコットンは、農薬を一切使用せず栽培するので、土壌や水質への負担も少なくなります。さらに、オーガニックコットンの生産方法の基準には、労働者の安全や健康、児童労働をさせないということも含まれています。

オーガニックコットンの商品がたくさん購入されると、自然環境や綿花栽培に携わる人を守ることにつながることから今注目されています。

オーガニックコットンのメリット

オーガニックコットンのメリット

オーガニックコットンは、使用する人にとって多くのメリットがあります。

項目詳細
保温性コットン繊維の中が空洞のため、温まった熱を逃しにくい
保湿性保湿する効果が高く、乾燥肌の人に向いている
吸湿性水分の吸湿性・吸水性に優れているため、汗をかいてもすぐに吸い取ってくれる
通気性コットン繊維の中が空洞で風の通り道になっているため、夏は涼しく感じられる

オーガニックコットンには、「夏は涼しく冬は暖かい」という特徴があります。

また、コットン繊維の毛先は丸みを帯びているため、化学繊維と比べて肌への刺激が少ないと言えます。普段着や下着にオーガニックコットンの製品を取り入れることで、快適な生活を送れるでしょう。

オーガニックコットンのデメリット

オーガニックコットンのデメリット

さまざまな面で優れているオーガニックコットンですが、デメリットもあります。

【オーガニックコットンのデメリット】
・コットン100%の素材は伸縮性があまりない
・寒い時期は乾きにくい
・使う洗剤に気をつける必要がある

コットン100%の商品は伸縮性があまりないので、少し窮屈に感じるかもしれません。

また、保湿性・吸湿性の高さから、寒い時期の洗濯には気を使う必要があります。塩素系の洗剤を使って洗濯すると、オーガニックコットンならではの風合いを損ねるので気をつけましょう。

オーガニックコットンを使ったおすすめの製品

オーガニックコットンを使ったおすすめの製品

オーガニックコットンを使った製品は、機能面に優れているので日常生活が快適になります。オーガニックコットンを使ったおすすめの製品と特徴を紹介します。

【オーガニックコットンを使用した製品】
・マスク
・Tシャツ
・タオル
・パジャマ
・下着
・ナプキン

マスク

オーガニックコットンを使ったマスクは、通気性に優れているためマスクが曇りづらいです。

毛先に丸みがあるので、一般的なマスクより肌への負担も少ないでしょう。ヒモも優しい肌触りのため、耳が痛くなりづらいのが特徴です。

Tシャツ

オーガニックコットンで作られたTシャツは、洗濯をすることで徐々に肌馴染みがよくなります。柔軟剤を使わずに洗濯しても、ふわふわな肌触りを維持できるのが特徴です。

肌の弱い人にもおすすめです。

タオル

オーガニックコットンのタオルは、毛先に丸みを帯びているのでとても肌触りがよいです。

赤ちゃんや肌の弱い人は、オーガニックコットンのタオルを使えば安心でしょう。

パジャマ

オーガニックコットンのパジャマは吸湿性と放湿性に優れています。そのため、寝ているときにかいた汗を吸収し、放出してくれます。

人は寝ているときにコップ1杯分の汗をかくと言われていますが、オーガニックコットンのパジャマであれば快適に寝られるでしょう。

下着

オーガニックコットンの下着は、吸湿性に優れているのでムレにくいです。

汗をかいても吸収して放出してくれるので、夏場の暑い日でも快適に過ごせるでしょう。

ナプキン

オーガニックコットンで作られたナプキンは、吸湿性や通気性に優れているのでデリケートゾーンもムレにくいです。

一般的なナプキンには吸収剤が使われています。吸収剤は冷たいジェルのような物なので、体を冷やす原因にもなりかねません。

一方、オーガニックコットンのナプキンは、吸収剤を使っていないので体を冷やすことはないでしょう。

オーガニックコットンの費用相場

オーガニックコットンの費用相場

オーガニックコットン製品の費用相場は、3,000〜30,000円になります。小物類なら1,000円前後、布団や洋服など布面積の大きいものは30,000〜100,000円と幅広いです。

オーガニックコットンの製品は、栽培や工程に手間がかかるので大量生産できません。加えて、ブランド価値も上乗せされるので、他の製品より費用が高くなってしまうのです。

そうはいっても、オーガニックコットンならではのメリットが多いので、気になった人はぜひ検討してみてください。

まとめ

オーガニックコットンは、化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を使用せずに作られる綿花のことです。農薬を使用しないことで、水質や土壌などの自然環境を守ることにつながります。

オーガニックコットンは、保温性・保湿性・吸湿性・通気性などに優れているため、衣類やマスクなどの布製品に適しています。

ただ、オーガニックコットンは便利な反面、購入費用も少し高くなってしまうでしょう。

三菱UFJ信託銀行が提供する情報銀行サービスDprimeには、オーガニックコットンのお得な情報が掲載されています。

Dprimeでは自分が応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、提供した企業からクーポンや商品を対価として受け取ることができます。

パーソナルデータをお得に活用できる情報銀行Dprimeをぜひ一度体験してみてください。

本記事は掲載日時点の情報に基づいて作成しています。Dprimeに掲載されている企業は今後変更となる可能性がありますので、ご留意ください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ