温泉のストレス解消効果とは?自分に合う効能や効果的な入り方を知ろう!

毎日の仕事で疲れが溜まっていませんか?どうしても仕事に追われると、一息つくのを忘れてしまいます。そんな慢性疲労に悩んでいる人は温泉に行くことがおすすめです。温泉には、疲労を回復したり、ストレスを解消したりと、さまざまな効能がありますよ。ぜひご褒美として温泉旅行を検討してみてくださいね。

温泉のストレス解消効果とは?自分に合う効能や効果的な入り方を知ろう!

毎日の仕事で疲れが溜まっていませんか?どうしても仕事に追われると、一息つくのを忘れてしまいます。気づかないうちにストレスが溜まり、頭痛や肩こり、腰痛に悩んでしまいがちですよね。

そんな慢性疲労に悩んでいる人は温泉に行くことがおすすめ。温泉には、疲労を回復したり、ストレスを解消したりと、さまざまな効能があります。

日ごろ頑張っている自分にぜひご褒美として温泉旅行をプレゼントしてみてください。

ストレス解消の効能がある温泉の三大効果

ストレス解消の効能がある温泉の三大効果

温泉にはストレス解消効果をはじめ、さまざまな効果があります。それは、「物理的効果」「化学効果」「総合的生体調整作用」の3つの効果です。

特に注目したいのは3つ目の「総合的生体調整作用」になります。

では、温泉がわたし達の心身にどう影響を与え、どういった効果効能があるのかを見ていきましょう。

1.物理的効果

温泉が人にもたらす影響として、一番インパクトがあるのは物理的効果です。

主に以下に分かれます。

【物理的効果の例】
・温熱効果
・水圧効果
・浮力効果

温熱効果とは、体が温まることで血行がよくなるため、新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄が促される効果とされています。具体的には疲労物質の「乳酸」が排出され、疲労回復につながるのです。

自宅のお風呂でも体を温められますが、温泉の場合は水道水よりも速く体が温まり、湯船から上がったあとも体温が高いままの状態が続きやすいという特徴があります。

水圧効果は、簡単に言うと、天然のマッサージ効果です。水圧が体全体にかかることで、内臓が刺激されます。

浮力効果は、リラックスをもたらします。温泉に首まで浸かると、浮力の働きで、体が軽くなったように感じますよね。その結果、筋肉が緩み、脳波が「α波」と呼ばれるゆったり落ち着いた状態となります。

2.化学的効果

温泉には化学的効果があります。薬理効果とも呼ばれる効果です。入浴すると、皮膚から温泉の成分が吸収され、泉質に応じた効果が得られます。

日本国内で入浴できる温泉の泉質は主に10種類です。同じ泉質でも、以下のようにpH値の違いによって肌への影響が異なります。

【pH値の違いよる効果】
・アルカリ性(pH7.5以上)…クレンジング作用があり、汚れや角質を落とす
・中性(pH6以上7.5未満)…刺激が少ないため、デリケート肌におすすめ
・酸性(pH6未満)…殺菌作用があって肌を活性化させる

3.総合的生体調整作用

温泉の総合的生体調整作用という言葉は聞きなれない言葉かもしれません。転地効果とも呼ばれています。その名の通り、日ごろ住んでいる場所から、普段行かない温泉地に移動することでもたらされるリフレッシュ効果です。

温泉地は緑に恵まれた場所多いので、そこで五感が刺激され、ストレスが解消されます。旅行にも同じような効果がありますよね。温泉旅行となると、効果がさらに高まりそうです。

さらに、温泉地や温泉による刺激が自律神経やホルモンなどに働きかけ、心身の自然治癒力が高まります。

「温泉に行くとなんとなくリラックスする、ストレスが楽になった」という感覚はこの総合的生体調整作用の効果です。

温泉の泉質別!10の効果効能とは

温泉の泉質別!10の効果効能とは

一番知りたいのは、温泉の化学的効果、つまり薬効がどの症状にどんなふうに効くのかではないでしょうか。ここからは、泉質別に温泉の効果効能を紹介していきます。

温泉の泉質は10種類もあります。

自分の体調や肌のコンディションに合う温泉を選べるようになると、どの温泉に行くか迷わなくてすむでしょう。

ぜひこの記事を読んで、今の自分に合う温泉を選んでみてくださいね。

1.単純温泉

単純温泉は「リラックスの湯」「家族の湯」と呼ばれています。

温泉の含有成分が一定量に達していないため、効能成分が薄いのが特徴です。しかし、その分、刺激も少な目で体にやさしいソフトな湯になります。

お子様から高齢の方まで気楽に入れる温泉です。鎮静効果が高いため、疲労回復やストレス解消効果があります。

泉質効果
単純温泉浴用:自律神経不安定症、不眠症、 うつ状態

2.塩化物泉

塩化物泉は「熱の湯」と呼ばれます。

保温効果が高く、湯冷めしにくいことが特徴です。塩分が皮膚に付着することで、汗の蒸発を防ぐため、結果、保温効果が高まります。

また、切り傷の痛みをやわらげたり、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があったりするのが特徴です。塩分がアトピーなどの雑菌をやわらげてくれる効果があります。乾燥肌の人に対しても有効で、入浴後しっとりとした肌になるのが嬉しいですね。

泉質効果
塩化物泉浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

3.炭酸水素塩水

炭酸水素塩水は、「美肌の湯」「清涼の湯」と呼ばれています。

炭酸水素塩水のなかでも、「重炭酸土類泉」と「重層泉」の2種類に分かれるのが特徴です。

「重炭素土類泉」は、けいれんや、炎症を抑える作用があり、アレルギー疾患等に効果があり、「重層泉」は皮膚の表面をツルツルにする効果があります。

肌の不要な角質や毛穴の汚れを取り除くなど洗浄力が高いため、入るだけでも清潔になるのがポイントです。その分、入浴後に乾燥しやすいため、早めに保湿剤を塗ることが大切になります。

泉質効果
炭酸水素塩水浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症

4.硫酸塩水

硫酸塩水は、「傷の湯」「脳卒中の湯」と呼ばれています。

主に、カルシウム硫酸塩泉(石膏泉)、ナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉)、マグネシウム硫酸塩泉(正苦味泉)の3つに分かれるのが特徴です。

【硫酸塩水の3つの効果】
・カルシウム硫酸塩泉(石膏泉)…カルシウムの鎮静作用が高く、「傷の湯」と呼ばれている
・ナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉)…ナトリウム分を多く含む。血圧を低下し痛みを和らげる
・マグネシウム硫酸塩泉(正苦味泉)…マグネシウム分を多く含む。血圧低下・鎮静作用がある。

どの硫酸塩泉も基本的には、血圧を下げる効果が高いので、高血圧に効くと言われています。

泉質効果
硫酸塩水浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

5.二酸化炭素泉

「心臓の湯」と呼ばれています。二酸化炭素が含まれている温泉です。

炭酸ガスが皮膚から吸収され、心臓の拍動を増加させなくても、血管や動脈を拡張し血液の循環をよくするため、高血圧や心臓病に効くといわれています。

また、お湯温度が高くなると気化するためゆるめのお湯が多いです。二酸化炭素泉自体が、非常に少ない泉質で、日本では温泉全体の0.6%しか存在しません。

泉質効果
二酸化炭素泉浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、自律神経不安定症

6.含鉄泉

「婦人の湯」と言われています。鉄分を多く含む温泉で、浴槽は鉄分が酸化し茶褐色になっている「にごり湯」が多いのが特徴です。

鉄分を含有するため、貧血症に非常に大きな効果があります。貧血以外にも、月経障害や更年期障害などの女性に多く見られる症状に効果的です。ただし、鉄分は皮膚からは吸収されないため、飲む必要があります。

泉質効果
含鉄泉飲用:鉄欠乏性貧血症

7.酸性泉

「皮膚病の湯」「殺菌の湯」と呼ばれている、酸性度の高い温泉です。

殺菌力の強い成分を持っているため、慢性皮膚病に特化した温泉と言われています。肌の弱い人は逆に湯ただれを起こすこともあるので、浴後はシャワーなどでしっかり洗い流すことが重要です。

泉質効果
酸性泉浴用:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症

8.硫黄泉

「美肌の湯」「生活習慣病の湯」と呼ばれています。ゆで玉子が腐ったような臭いするのが特徴です。硫黄泉は硫化水素イオンが成分の主体の「硫黄型」と、遊離硫化水素が主成分の「硫化水素型」の2種類があります。

殺菌力が高く、肌の表皮の細菌やアトピー原因物質を取り除き、メラニンを分解する働きもあるといわれているのでシミ予防にもなるのが嬉しいところです。

泉質効果
硫黄泉浴用:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症(硫化水素型については、末梢循環障害が加わる)

9.含よう素泉

含よう素泉は、浴用では、泉質別の適応症はなく、飲用では殺菌や体質改善の効果があるとされています。

飲むことで総コレステロールを抑制するのが特徴です。よう素は、体内では甲状腺ホルモンの主要な成分なので、新陳代謝と内臓の働きを活性化させます。結果として、コレステロールを低下させることが可能です。

泉質効果
含よう素泉泉飲用:高コレステロール血症

10.放射能泉

ラドンを一定量含む温泉で、「痛風の湯」「万病の湯」「ラドンの湯」などと呼ばれています。

ラジウムに含まれる微量の放射能は、体内の細胞を活性化させ、免疫力や自然治癒力をあげるのが特徴です。

無色透明な湯で、数が少なく貴重な温泉になります。温泉中に含有されるラドンは常温で気体、湧出後は空気中に散飛するためまったく心配いりません。ただし、放射能泉は湯あたりを起こしやすいので注意が必要です。

泉質効果
放射能泉浴用:高尿酸血症(痛風)、関節リウマチ、強直性脊椎炎

温泉の効果的な入り方と注意点

温泉の効果的な入り方と注意点

自分のコンディションに適した泉質は見つかりましたか。

泊まる温泉を決めたら、それだけで気分が上がって日ごろのストレスがなくなるかもしれません。しかし、気を付けたいのは温泉の入り方です。

間違った入浴の仕方をすると、せっかく温泉に行っても湯あたりして、翌日具合が悪くなってしまうかもしれません。そうならないためにも、正しい入浴の仕方を見ていきましょう。

正しい温泉の入り方

入浴前は、十分に水分補給するようにしましょう。

飲酒後は、酔いが冷めて、しっかり水分補給してから入ることが大切です。温泉に入ると、体が温まり、血行がよくなります。入浴時にアルコールが残っていると、さらに全身にまわってしまうでしょう。

入浴中に酔いがまわると、転倒の危険もある上に、脳や心臓の血流が減少することで、脳貧血、不整脈、心臓発作を引き起こす原因になるといわれています。

また、起床直後は体が脱水状態にあることが多いので、水分補給して1時間くらい経過してから入るようにしましょう。

温泉の入り方

【温泉の入り方】
1.かけ湯
2.最初は半身浴で体を慣らしてから
3.泉質によって上がり湯をする(水道水で体を流す)
4.入浴後は水分補給をしてゆっくり休む

かけ湯をすることで体が温度に慣れます。足首からひざ、手首から腕、など心臓から遠い順に10杯程度かけて、血圧の急上昇をふせげるのです。

いきなり全身で入浴するのは体の負担になります。湯船で温まってから体を洗うと、古い角質がやわらかくなり、毛穴も開いて汚れが浮き出て洗い流しやすくなるのでおすすめです。

重要なのは、基本的に温泉は上がり湯をしないほうがよいという点です。

温泉には体によい有効成分が含まれているので、シャワーなどの水道水で流してしまうと、そのタイミングで有効成分が吸収されなくなってしまいます。

ただし、上がり湯をしたほうがよい泉質もあるので、肌の弱い人は特に注意しましょう。

【上がり湯をした方がよい泉質】
・含鉄泉
・酸性泉
・硫黄泉
・放射能泉

入浴後のビールに注意

お風呂上りに飲むキンキンに冷えたビールは賛否両論があります。お酒を飲むと、利尿作用があるので、体内の水分が排出されます。

否定的意見は、温泉でたくさん汗をかいた後にさらにビールを飲むと、体中から水分が排出され、脱水症状が起きる危険が高いという意見です。ビールはカリウムを多く含むため、飲んだ量以上の尿が排泄されるというのが理由になります。

肯定的意見は、入浴直後は消化器の働きが鈍くなっているから、入浴後に消化器を活発に働かせるという意味では、入浴後のビールは問題ないという意見です。

基本的には、入浴直後のビールは避けた方がよいでしょう。皆さんも30分以上あけてから飲むようにしてみてくださいね。

温泉旅行にかかる費用

温泉旅行にかかる費用

交通費は自宅から旅行先までの距離に応じて変わりますが、宿泊費はどのように決まるのでしょうか。

おもに下記によって変わります。

【温泉にかかる費用】
・食事の有無
・客室の階層、広さ
・部屋付き露天風呂の有無
・ロケーション(展望)

食事のメニューや低層階か高層階かによって宿泊料金は異なります。窓から海や湖が見えるかによっても料金は変動するでしょう。

宿泊・交通費の平均は3万1,600円

株式会社リクルートの「じゃらん宿泊旅行調査2021」によると、1回の宿泊旅行にかかった費用は、平均で5万1,800円です。内訳は宿泊・交通費で3万1,600円、現地消費で2万200円になります。また、個人旅行の総額は4万9,400円、パック旅行は5万1,500円です。

魅力たっぷりの温泉ですが、実際にかかる費用を見てみると、決して安い金額ではないことがわかります。交通費は近場の温泉を選ぶことで少し節約できるかもしれません。でも、温泉の宿泊代までは妥協したくないですよね。

しかし、毎月の家計管理も温泉でストレス解消したり、リラックスしたりすることと同じくらい重要です。

そのように悩んでいる人は、情報銀行サービスDprimeを利用してみてはいかがでしょうか。

応諾した企業にパーソナルデータを提供するだけで、ギフトとして、割引券や無料のサンプルなどがもらえます。普段の生活がDprimeを利用することで、よりお得になるでしょう。

まとめ

温泉には、体をあたためて血行をよくするなどの物理的効果、泉質別に辛い体の症状をやわらげる薬理効果、そして不思議とリラックスしたり、ストレスが解消されたりする転地効果、すなわち総合的生体調整作用があることがわかりました。

日々仕事に追われる現代人にとって、温泉に行くことで得られる効果は絶大です。ぜひ温泉に行って解放感を味わってください。

しかし、やはりネックとなるのは費用です。

情報銀行サービスDprimeは、パーソナルデータを応諾した企業に提供するだけで、自分に合った魅力的なギフトが届くものです。利用すると、普段の生活がお得になるので、ぜひ登録してみてくださいね。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ