ビジネスシューズランキング10選!コスパがよいおすすめブランドも

ビジネスシューズは高いものから安いものまでたくさんあります。しかし、ビジネスシーンにふさわしいシューズはどれなのか、迷う人は少なくないでしょう。そこでこの記事では、ビジネスシューズの選び方を紹介し、おすすめのブランドを解説します。ビジネスシューズ選びでお悩みの人はぜひチェックしてください。

ビジネスシューズランキング10選!コスパがよいおすすめブランドも

社会人として相応しいビジネスシューズが欲しいけれど、何を選べばよいか分からないという人は少なくないでしょう。ビジネスシューズは毎日履くものですが種類が多く、自分に合うものを選ぶのは難しいと言えます。

ビジネスシューズを選ぶ際は、靴の種類に加え、サイズ、色、素材をチェックすることが大切です。

そこでこの記事では、ビジネスシューズの選び方やおすすめのブランド、おすすめのビジネスシューズについて紹介します。自分に合ったビジネスシューズを見つけ、快適な毎日を送りましょう。

知っておきたいビジネスシューズの種類

知っておきたいビジネスシューズの種類

ビジネスシューズ選びでまず押さえておきたいのが、シューズの種類です。一見同じように見えるビジネスシューズですが、実際にはさまざまな種類があり、それぞれで適切なシーンが異なります。

ビジネスシューズの基本的な種類は、以下のとおりです。

【ビジネスシューズの種類】
・ストレートチップ
・プレーントゥ
・ウイングチップ
・モンクストラップ
・ローファー

それぞれのビジネスシューズについて、どのようなシーンでどのシューズが最適なのかを紹介します。

ストレートチップ

革靴のつま先に1本線が入っているのが、ストレートチップのシューズです。革靴のなかで最もフォーマルな形とされており、黒のストレートチップは最もフォーマル度が高くなっています。

ストレートチップのビジネスシューズは定番なので、1足は持っておくのがおすすめです。ストレートチップのシューズには、着崩しのないフォーマルなスタイルがぴったりでしょう。

プレーントゥ

つま先に飾りのないシンプルなデザインのシューズが、プレーントゥです。ストレートチップほどではありませんが、プレーントゥはフォーマルな場面でもよく使われます。シンプルなデザインが好きな人は持っておくとよいでしょう。

ただし、プレーントゥのシューズは装飾がないため、革そのものの品質がわかりやすいと言えます。プレーントゥのシューズを選ぶときは、高級感のある素材かどうかチェックしましょう。

ウイングチップ

ウイングチップのシューズには、つま先に鳥の翼のようなM字型の装飾がほどこされています。装飾部分が多いのでカジュアルになりがちですが、おしゃれな印象を与えられるためオフィスでの気軽な服装にぴったりでしょう。

ウイングチップのシューズはフォーマルな場には向かないため、冠婚葬祭や就職・転職活動には使えません。フォーマルなシューズにプラスして、おしゃれしたい日のために1足持っておくのがよいでしょう。

モンクストラップ

足の甲を締めるストラップがついたモンクストラップシューズは、紐なしの靴のなかで唯一ビジネスにも使えます。もともと「モンク」には「修道士」という意味があり、修道士が履いていた靴をもとに作られてきた歴史があります。

そのため、紐なしでもカジュアルになりすぎず、ビジネスにも使えるデザインと言われているのです。モンクストラップシューズは、大切な場面で紐が絡まったり、解けたりする心配がありません。紐なしの靴が欲しい人、少しカジュアルな靴を持っておきたい人は検討しましょう。

ローファー

カジュアルな仕事の場面にぴったりなのが、学生向けの靴として知られているローファーです。ローファーはかなり安価なものもあり、オフィスやコワーキングスペースなどで気軽に履く靴として昨今人気が高まっています。

ただし、ローファーは学生も履いていることから、少し若い印象になってしまう可能性があります。ビジネスパーソンとしての経験をアピールしたいときは他のタイプのシューズを選びましょう。

大人に相応しいビジネスシューズの選び方

大人に相応しいビジネスシューズの選び方

ここからは、自分に合ったビジネスシューズを選ぶポイントを解説します。

ビジネスシューズの基本的な選び方は、以下のとおりです。

【ビジネスシューズの選び方】
・色はビジネスシーンに合っているか
・快適に履ける素材なのか
・自分に合ったサイズなのか

せっかくビジネスシューズを買っても、履いたときの具合が悪かったり、ビジネスシーンに合わなかったりすれば使う機会がなくなってしまいます。購入したビジネスシューズを最大限活かすためにも、事前にチェックポイントを押さえておきましょう。

色はビジネスシーンに合っているか

ビジネスシーンに合ったシューズを求めているなら、色はブラックが定番です。ブラックが悪印象につながるケースが非常に少ないので、迷う場合はブラックにしましょう。

少し個性を出したいという人には、ブラウンもおすすめです。ブラウンの色合いが明るくなるほどカジュアルな印象になるので、職場や取引先の雰囲気を考えた上で選ぶとよいでしょう。

また、一見黒に見えるくらい深いグリーンやボルドーも大人っぽさを演出するのに最適です。カジュアルな印象にならないよう試し履きをして、目立たない色かどうかを確認しましょう。

快適に履ける素材なのか

ビジネスシューズにはリアルレザーとフェイクレザーがあります。安いシューズの多くはフェイクレザーですが、シューズの耐久性や見た目の高級さを考えるならリアルレザーを購入してください。

ビジネスシューズは毎日使うものなので、複数足購入し交代で履くのがおすすめです。少し値段は高めですがリアルレザーのシューズを1足は持っておきましょう。

一方、フェイクレザーは手入れが少なくて済み、値段も安めです。安価でどんどん履き潰せるシューズがほしいなら、フェイクレザーも買っておきましょう。

自分に合ったサイズなのか

ビジネスシューズをはじめとする革靴では、サイズ選びに少し注意が必要です。一般的に、スニーカーには足の衝撃を吸収するためのスポンジやソールが靴のサイズに含まれているため、足の実寸値より1cmほど大きいものを選ぶのが適切だとされています。

一方、革靴はジャストサイズで作られているため、足の実寸値に近いものを選ぶのがよいでしょう。また、革は基本的に履いていくうちに馴染んでいくため、少しきついかな、と感じるサイズを選ぶことも重要です。

ビジネスシューズを買う際は、必ず試し履きをしましょう。いつも使っている靴下でリアルな履き心地を試せば、失敗は少なくなるでしょう。試し履きは足が少しむくんでサイズが大きくなる夕方〜夜に行うのがおすすめです。

おしゃれなビジネスシューズのおすすめブランド10選

おしゃれなビジネスシューズのおすすめブランド10選

ビジネスシューズが欲しいと思っても、「どのブランドがビジネスに最適なのか分からない」という人は多いでしょう。

そこで、ビジネスシューズにこだわっているおすすめのブランドを紹介します。おしゃれでビジネスシーンに相応しいブランドを見つけ、納得の行く買い物をしましょう。

ビジネスシーンに合うおすすめのシューズブランドは、以下のとおりです。

ブランド名
1Berwick(バーウィック)
2REGAL(リーガル)
3SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)
4Church’s(チャーチ)
5三陽山長
6ASICS(アシックス)
7MIZUNO(ミズノ)
8大塚製靴
9HARUTA(ハルタ)
10nano・universe(ナノ・ユニバース)
11Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)
12John Lobb(ジョン・ロブ)
13Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
14COLE HAAN(コールハーン)
15ALDEN(オールデン)
16MoonStar(ムーンスター)
17ROCKPORT(ロックポート)
18KENFORD(ケンフォード)
19TEXCY LUXE(テクシーリュクス)
20Wilson(ウィルソン)

今回はこのなかから、1〜10のおすすめブランドを詳しく紹介していきます。「ビジネスシューズがほしいけれど、どのブランドを選べばよいか分からない」という人はぜひ参考にしてください。

1.Berwick(バーウィック)

Berwick(バーウィック)

出典:Berwick(バーウィック)

スペイン発の伝統ある革靴を販売しているのが、Berwick(バーウィック)です。革靴の名産地であるスペインのアルマンサで靴の製造を行っており、職人の手作業で作られる革靴は高い評判を得ています。

カラーバリエーションが非常に豊富で、スタンダードなブラウン、ブラックだけでなくグレー、バーガンディ、グリーンなども選択可能です。サイズバリエーションも豊富で、自分好みのサイズやデザインが中々見つからない人にもおすすめ、ビジネスシーンに映える上質な靴を持っておきたい人はぜひ検討してみましょう。

2.REGAL(リーガル)

REGAL(リーガル)

出典:REGAL(リーガル)

ウィメンズ、メンズの革靴を中心に幅広いシューズを扱うREGAL(リーガル)は、ビジネスシューズの質がとくに高いと有名です。メンズシューズは種類が非常に豊富で、スタンダードなストレートチップだけでなく、ローファー、プレーントゥ、モンクストラップなど自分の好みに合わせて選べます。

また、REGAL(リーガル)のシューズのなかには雪道対応ソールが採用されていることもあるため、外回りで雪道を歩く人にぴったりでしょう。

3.SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

出典:SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

メイド・イン・ジャパンのビジネスシューズブランドとして有名なのが、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です。日本のビジネスシーンに合ったシューズを多数発売しているため、ビジネスに適切なシューズがわからないという人も安心です。

また、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)は全国9箇所に店舗を持っています。試し履きもしやすいので、オンラインで買うのが不安という人にも向いているでしょう。

4.Church’s(チャーチ)

Church’s(チャーチ)

出典:Church’s(チャーチ)

正統派英国靴として著名なChurch’s(チャーチ)の靴は、靴作りで有名なアメリカ・ノーサンプトンで誕生しました。華やかなウィングチップのシューズは愛用者によく知られており、カジュアルなデニムスタイルにも合わせることができると人気です。

Church’s(チャーチ)の靴は価格帯が10万円〜と高めですが、大切なシーンで履ける上質なシューズを求めている人にぴったりでしょう。

5.三陽山長

三陽山長

出典:三陽山長

三陽山長は「ニッポンの靴の最高峰」の誇りを持ち、日本の職人技術を集結させた靴作りを行っています。スタンダードなビジネスシューズだけでなく、ドレスシューズとスニーカーを組み合わせたレインシューズ「優 DRESS SNEAKERS」も人気です。

また、三陽山長では実店舗で自分の足の形や好みに合った靴をオーダーできるサービスも実施しています。展開しているのは実店舗5店のみとなっていますが、自分にぴったり合ったシューズを持ちたいという人はぜひ訪れてみてください。

6.ASICS(アシックス)

ASICS(アシックス)

出典:ASICS(アシックス)

ビジネスシューズで歩きやすさを重視するなら、ASICS(アシックス)がおすすめです。ASICSでは、「走れるビジネスシューズ」として「ランウォーク」が発売されており、機能性の高いシューズを求めているビジネスパーソンに人気です。

「ランウォーク」では、衝撃緩衝材を採用し、歩いたり走ったりするときの衝撃を軽減しています。ランニングシューズにも採用されているオーソライト中敷きを使用することで、長い外回りでも足が疲れにくいのが特徴です。

長く外を歩き回る人、ビジネスシューズを履くと足が疲れやすいと悩んでいる人は、ぜひ検討してみましょう。

7.MIZUNO(ミズノ)

MIZUNO(ミズノ)

出典:MIZUNO(ミズノ)

数多くのスポーツシューズを生み出してきたMIZUNO(ミズノ)は、その技術を活かし、歩きやすい、蒸れないビジネスシューズを多数作っています。

例えば、「セレクトM100」では靴の表面に空気を通す通気口が空いており、通気性は抜群です。また。甲回り寸法が大きくなっておりサイズではEEEに相当します。蒸れない靴が欲しい人、幅広のおすすめ靴を探している、という人はぜひチェックしてください。

8.大塚製靴

大塚製靴

出典:大塚製靴

大塚製靴は、皇室御用達の日本革靴ブランドです。西洋に起源をもつ革靴のよい点を活かし、日本人に合ったシューズを作ることで、140年間支持されてきました。

大塚製靴のシューズのなかで人気なのが、高級感と歩きやすさを両立したレザースニーカーです。革のよい点を活かしながら、快適な履き心地を実現しています。

また、スタンダードなビジネスシューズも多数発売されています。価格帯は3万円〜と少し高めですが、快適な履き心地と高級感あふれるビジュアルを求めるなら、おすすめです。

9.HARUTA(ハルタ)

HARUTA(ハルタ)

出典:HARUTA(ハルタ)

1万円以下でコスパのよいシューズが買えると話題なのが、HARUTA(ハルタ)です。HARUTA(ハルタ)のビジネスシューズは、高級感溢れるスタンダードで使いやすいデザインです。人工皮革なら1万円以下、牛革でも1万5千円ほどで購入可能です。

2足目の靴として気軽に履ける靴が欲しい人は、ぜひチェックしてください。

10.nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universe(ナノ・ユニバース)

出典:nano・universe(ナノ・ユニバース)

ウォータープルーフでコスパのよい革靴を探しているなら、nano・universe(ナノ・ユニバース)がおすすめです。nano・universe(ナノ・ユニバース)では、防水仕様のシューズを1万円ほどで購入できます。

また、2万円ほどで牛革を使用した本格的なビジネスシューズも購入可能です。おしゃれで品質が高く、使い勝手のよいシューズを求めているなら検討してみましょう。

おすすめのビジネスシューズにかかる費用

おすすめのビジネスシューズにかかる費用

ビジネスシューズの価格は、品質により大きく異なります。高級なものであれば10万円を超えることもありますが、安いものでよいなら1万円以下で探すこともできるでしょう。

ただし、ビジネスシューズは取引先の人にもチェックされる大切な靴です。そのため、大切な商談、発表に備え1万円以上のビジネスシューズも持っておくのがよいでしょう。

また、ビジネスシューズを毎日使うと消耗も早くなります。複数のビジネスシューズを買い、交代で履きましょう。

「高品質のシューズがほしいけれどお金が不安」「何足か買っておきたいけれどお金が足りない」という人は、割引を利用してお得に購入するのがおすすめです。買い物や行動の記録などのパーソナルデータを企業に安心・安全に提供することでギフトがもらえる情報銀行サービスDprimeでは、Berwick(バーウィック)直営店および公式オンラインショップで使えるクーポンをプレゼントしています。

お得にビジネスシューズを手に入れるため、ぜひDprimeに登録してみてください。

まとめ

ビジネスシューズは、シーンに合ったものを選ぶことが大切になります。また、自分にとって快適かどうかも重視して選ぶことで、靴ずれや蒸れの心配は減るでしょう。

もし、ビジネスシューズの価格で悩んでいるなら、パーソナルデータを企業に安心・安全に提供することで受け取れるDprimeのギフトを活かしてください。Dprimeでは、高品質なビジネスシューズを多く扱うBerwick(バーウィック)直営店および公式オンラインショップで使えるクーポンをギフトとして受け取ることができます。

次の一足に迷っている人は、Dprimeを活用しお得にビジネスシューズを手に入れましょう。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ