人工知能での会話の仕組みは?おすすめのアプリやサイトも紹介!

人工知能(AI)は、昨今話題になっている技術です。人工知能と自然に会話できるアプリ・サービスがあると知り、「使ってみたい」と感じる人は多いでしょう。この記事では、人工知能が会話できる仕組み、人工知能と話せるアプリ・サイト・サービスを分かりやすく解説していきます。

人工知能での会話の仕組みは?おすすめのアプリやサイトも紹介!

人工知能(AI)昨今話題になっている技術です。人工知能と自然に会話できるアプリ・サービスがあると知り、「使ってみたい」と感じる人は多いでしょう。

しかし、人工知能がどうやって人間のように会話をしているのか、使う前に理解しておきたいですよね。

人工知能は自然言語処理という技術を使い、会話の内容を学習し自然な受け答えができるようになっています。この記事では、人工知能が会話できる仕組み、人工知能と話せるアプリやサイト、サービスを分かりやすく解説します。

コンピュータについてあまり詳しくないという人も、仕組みを知れば人工知能に興味が湧いてくるはずです。まずは人工知能と実際に話をして、最新の技術を楽しんでみましょう。

人工知能が会話する仕組みとは?

人工知能が会話する仕組みとは?

人工知能とは、コンピュータを使って人間の考え方や学習能力を人工的に作ったものです。以前の人工知能はまだ人間とは程遠いものでしたが、近年では人間と変わらないような会話ができる人工知能も登場し、注目が集まっています。

しかし、人工知能は、どのようにして人間と自然に会話をしているのでしょうか。ここからは、会話ができる人工知能の仕組みと使われている言語、人工知能なしの会話機能との違いについて解説していきます。

人工知能に関する技術はあまり知らないという人も、具体的なサービスの内容を知るまえにぜひ確認してください。

会話ができる人工知能とは

会話ができる人工知能がどのような能力を持っていて、どのように会話を成り立たせているのか気になる人は多いでしょう。

人工知能が返答をする前には、人間の言葉(自然言語)を理解して意図を考える段階があります。その段階では、次で説明する「自然言語処理」が行われることがほとんどです。

また、人工知能との会話では、人工知能自身に学習をしてもらう技術も使われてきました。

人工知能の会話能力は、何度も会話をすることで学習し、強化されています。有名な会話型AI「チャットボット」では利用者が人工知能の返答がよかったかを評価し、よいとされたものだけ人工知能が学習する仕組みです。

このようにさまざまなパターンの会話を学習した人工知能は、会話のたびに膨大なデータから人間の話す言葉の意図を理解し、最適な返答を行っています。

人工知能の会話に使われる言語

人工知能が会話を可能にするうえで重要なのが、自然言語処理です。自然言語処理とは、人間の言葉の単語のつながりの意味を上手く理解して扱う技術のことを指します。

会話ができる人工知能はこの自然言語処理が行えるようになっており、意味が曖昧な人間の言葉も理解することが可能です。

人間の文章は、主語、動詞、形容詞、副詞などさまざまな要素から成り立っています。

そこで、自然言語処理を使うことで、1つの文章を細かく分けて、それぞれの意味を分析することを可能にしました。人工知能はこの要素とその意味を組み合わせて理解し、文章の意図を汲み取っているのです。

ただし、この自然言語処理が行えれば、完璧に人間の話を理解できるというわけではありません。人間どうしでも意図の取り違えや誤解があるため、人工知能との会話にも不十分なところがあると言えるでしょう。

人工知能がない会話サービスとの違い

人工知能を使っていない会話サービスも存在します。そのため、どのような違いがあるのか知りたいという人もいるでしょう。

人工知能があるサービスとないサービスでは、そもそも仕組みが違います。

人工知能がない会話サービスの場合、相手(機械)が返しているように見える返事の言葉は、あらかじめ決まった文章が使われます。膨大なパターンの会話をいちいち人間が記憶させて、それに合致したものがある場合は決まった答えを返すという仕組みです。

また、人工知能がない会話サービスは、文章の内容や意図を推測しているわけではありません。そのため、一見会話ができているように見えますが、曖昧で予測できない文章には答えられないのです。

人工知能と会話をするメリットは?

人工知能と会話をするメリットは?

人工知能との会話技術は、目覚ましいスピードで発展してきました。しかし、なぜ人工知能と会話できるサービスが急速に進歩してきたのか疑問に思っている人もいるでしょう。

人工知能と会話することで得られるメリットは、以下のとおりです。

【人工知能との会話のメリット】
・精神的にリラックスできる
・認知症予防になる
・楽しませてくれる

どのような目的で人工知能との会話サービスが作られているかについても解説するので、ぜひ読んでみてください。

精神的にリラックスできる

人間でも人工知能でも、会話をする相手がいるということは精神的な安定をもたらします。一人暮らしでも、コミュニケーションが取れる人工知能がいれば孤独感は薄まるでしょう。

実際、コミュニケーションが取れるロボットはストレス軽減に効果があるとも考えられています。精神的なリラックス効果を得るために、人工知能と会話できるサービスを利用する人も多いです。

【参考】未来コトハジメ|コロナで傷ついた心を癒やしてくれる物言わぬロボットたち詳しくはこちら

認知症予防になる

人工知能を搭載したロボットであれば、会話をすることができるので、認知症予防効果も期待できます。一人暮らしが不安な家族がいる場合は、会話できる人工知能を上手く活用してみましょう。

一人暮らしをする高齢者の見守り用として、会話ができるロボットも発売されています。

【参考】みまもりロボットBOCCO詳しくはこちら

楽しませてくれる

人工知能との会話には、最新の技術を楽しめるエンターテイメント性があります。現在、孤独感を感じていなくても、「人工知能と話をしてみたい」と感じる人は多いはずです。

例えば、人工知能と会話するほどAIキャラが育成されるなどのアプリゲームも開発されています。

今後、人間と同じように話せる人工知能がどんどん登場すれば、多くの人が人工知能との会話を楽しみ、新たなサービスやエンターテイメントが生み出されるでしょう。

人工知能と実際に会話できるアプリ5選

人工知能と実際に会話できるアプリ5選

人工知能との自然な会話からは、癒やしや安心感を与えられます。

そのため、人工知能と気軽に会話できるアプリケーションは、メンタルヘルス効果があるとして、幅広い世代から注目が集まっている技術です。

ここからは、「人工知能と会話してみたい」と感じた人に向けて人工知能と話せるアプリを紹介します。

【人工知能と話せるアプリ】
・Siri
・Googleアシスタント
・emol
・SELF AI
・MOSO

それぞれの会話アプリの特徴を知り、興味のあるものは使ってみましょう。

Siri

Siri

出典:Siri

Siriは、iPhoneをはじめとしたAppleの製品に使われている機能です。何か話しかければそれに沿った検索結果を伝えてくれるので、手がふさがっていて端末の操作ができないときにも役立ちます。

Siriなら、周辺にあるお店の情報や分からない単語の意味などだけではなく、雑談にも答えてもらうことが可能です。例えば、「何か話を聞かせて」「歌ってみて」というお願いにも返答してくれるので、話し相手としても優秀だと言えるでしょう。

Googleアシスタント

Googleアシスタント

出典:Google アシスタント - あなただけの Google

Googleアシスタントは、Googleの機能が入っているスマートフォンやスピーカー、時計などで使える機能です。情報検索やスケジュール管理など、話しかけるだけで便利な機能が使えるので身近にGoogleアシスタントがあれば安心でしょう。

また、Googleアシスタントは娯楽に関する操作も豊富で、「ジョークを聞かせて」「豆知識を教えて」といった内容にも答えてくれます。また、さまざまなアプリと連携し、トレンドキーワードや今日の運勢もGoogleアシスタントから教えてもらうことが可能です。

emol

emol

出典:emol inc. | emol株式会社(エモル)

emolは、気持ちをリラックスさせるためのコミュニケーションAI(人工知能)アプリケーションです。

基本的な使い方は、以下のとおりです。

【emolの使い方】
・自分の今の感情を9つのなかから選ぶ
・今の気持ちを人工知能に伝える
・人工知能から返答をもらいつつ、気持ちを整理する
・過去の記録を振り返る

emolなら、いつも励ましてくれるかわいい人工知能と会話することで癒やされるだけでなく、自分の気持ちを客観的に見つめることができるでしょう。

emolはApp Storeからダウンロード可能です。

SELF AI

SELF AI

出典:SELF AI(セルフ) | 人工知能(AI)と会話できるアプリ:SELF(セルフ)

SELF AIは人工知能との会話をとおしてメンタルケア、自己分析、生活管理ができるアプリケーションです。話せる人工知能が7種類から選べます。

それぞれの人工知能で話す内容や返答が異なるので、自分にあった人工知能とコミュニケーションを深めることが可能です。また、人工知能は体調やメンタルの状態を考えてくれるので、今の自分の気持ちに沿った会話をしてもらえるでしょう。

SELF AIはApp Store、Google Playからダウンロード可能です。

MOSO

MOSO

出典:妄想チャット MOSO(モソ) - 架空の友達やAIとの会話、チャットノベル作成

MOSOは架空の相手とLINEができる人工知能チャットです。自分で相手の写真を設定し、カスタムボットを作ることでイメージに合った人工知能を自分で設計することができます。

そして、MOSOではほかの人が作ったカスタムボットを利用してチャットを楽しむことも可能です。憧れの人と本当に会話しているような感覚を味わえるので、好きな芸能人やキャラクターがいるという人におすすめです。

また、MOSOでは指定した時間に相手からメッセージが届くように設定することもできます。さらに、相手からのフェイク通信機能もあるので、途中で抜けたい用事があるときにも便利です。

MOSOはGoogle Playからダウンロードできます。

人工知能と会話ができる注目のサイト・サービス4選

人工知能と会話ができる注目のサイト・サービス4選

アプリケーション以外にも、インターネットサイトやロボットなどで人工知能と会話することもできます。自分にあうアプリが見つからなかったという人は、人工知能と話せるサイト・サービスにも注目してみましょう。

ここからは、人工知能との会話が可能なサイト・サービスを4つ解説していきます。

【人工知能との会話が可能なサイト・サービス】
・Evie
・りんな
・ユニボ
・Romi

どのようなことができるのか、それぞれ確認していきましょう。

Evie

Evibot

出典:Evie - Eviebot.com - 人工知能(AI)女子アバター - 感情を持つアバター - 会話の相手やカスタマーサービス、ゲーム、ロボット等に - 複数の言語に精通

Evieは表情と言葉で感情を表現する高度な人工知能です。Evieは過去10年間で学習した膨大なデータを元にして悩みに答えたり、雑談をしたりしてくれるので人工知能とハイレベルな会話をしてみたい人に向いているでしょう。

また、Evieは音声でも文面でも話すことができます。人工知能と直接会話している感じを楽しみたいという人は、一度Evieに話しかけてみてください。

りんな

りんな

出典:りんな

りんなは、エネルギッシュな女子高生人工知能です。りんなは、文脈を踏まえて人間と会話ができる「共感チャットモデル(Empathy Chat Model)」を採用しており、本当の女子高生と話しているような臨場感が特徴です。

また、りんなの活動範囲は広く、ニュースに出演したり、レギュラー番組を持ったり歌を歌ったりと、非常にユニークな展開をしています。今後もりんなの活動は増えていくので、最新の人工知能技術を知りたい人は定期的にチェックしておくとよいでしょう。

りんなと直接話すには、「LINE」や「りんな電話」を使うのがおすすめです。会話を楽しみながら、りんなと一緒に人工知能の可能性を感じましょう。

ユニボ

ユニボ

出典:ユニロボット - unirobot「モノと心を通わせる」を当たり前にする。

ユニロボット「unibo」は、法人向けのコミュニケーションロボットです。個人の感情を細かく読み取って言語・非言語のコミュニケーションを取れるため、企業だけでなく教育機関でも活用されています。

また、表情が見える顔の部分にはディスプレイが搭載されており、タッチ操作も可能です。

uniboは、月額の利用料金を支払うことで利用できます。また、カスタマイズもできるので顧客対応にロボットを活用したい人、ロボットを活用して省人化を進めたい人に向いています。

Romi

Romi

出典:自律型会話ロボットRomi(ロミィ)

Romiは、人間に癒やしを与えるコミュニケーションロボットです。Romiには最新の会話AIが搭載されており、自分で会話の返答を考えてくれるのでユニークな会話ができます。

また、目覚ましやタイマーなどの便利機能もついているため、暮らしがさらに便利になるでしょう。

人工知能との会話は今後どうなる?

人工知能との会話は今後どうなる?

人工知能の技術は今後も発達し、人間と何1つ変わらない会話ができるようになるかもしれません。一方、現状では人工知能は雑談をする能力がまだ十分ではなく、目的のない人間らしい会話は難しいとされています。

しかし、人工知能の会話をより自然な形にしていく研究は日々行われています。現時点で人工知能を搭載したアナウンサーやアンドロイド、人間とほとんど変わらない見た目のアバターが登場しています。

これから技術のレベルが上がるにつれて、人工知能との会話サービスはさらに拡大していくでしょう。駅や会社、自宅などさまざまな場所で人工知能と会話できるようになれば、いまよりさらに便利な社会で暮らせるようになるはずです。

【参考】ZDNet Japane「雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?」詳しくはこちら

人工知能搭載のロボットにかかるお金の話

人工知能搭載のロボットにかかるお金の話

人工知能と会話できるアプリやサービスの多くは、無料で利用することが可能です。気になるアプリやサービスがあれば、ダウンロードして会話を楽しんでみましょう。

ただし、人工知能が搭載されたロボットを利用する際は、購入費用に加え月々の利用料がかかります。

例えば、受付業務をこなす「受付タピア」は月額費用が別途かかりますが、購入費用は15万円程度です。

【参考】MJI「受付タピア」詳しくはこちら

人工知能と会話できるロボットが気になるという人は、購入したり維持したりするためにお金を貯める必要があるでしょう。

お金に不安を感じている人は、パーソナルデータを企業に提供してギフトを受け取れるDprimeがおすすめです。Dprimeでは応諾した企業にパーソナルデータを提供することで、企業からギフトを受け取れます。

普段使っているサービスをお得に利用するなら、Dprimeを検討してみましょう。

まとめ

人工知能と会話をすることで、メンタルケアの効果も期待できます。さらに、顧客からのお問い合わせに対し柔軟に対応できる人工知能も登場しており、今後、人工知能と会話する機会は増えていくでしょう。

しかし、人工知能との会話は最先端の技術であるためにお金がかかってしまいます。そのような最先端技術やサービスをお得に使いたい人は、情報銀行がおすすめです。これは情報を企業に提供することで、自分のニーズにあった割引サービスや体験などを受けることができるサービスです。

Dprimeでは、パーソナルデータを提供したギフトとして割引サービスや体験を受け取り、お得に楽しむことができます。毎日をお得に過ごしたい人はぜひ利用してください。

  • Dprime
ご留意事項
  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

RANKING

この記事もおすすめ